智慧の記

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。 - 総合芸術家集団「auly mosquito」 代表 http://auly-mosquito.com ・HomePage http://so-sasatani.com

原初的な音楽体験

2020/08/21

 

朝になった。先日発見した公園に来た。違う顔をしているのね。看板に「丸葉車輪梅」と書かれているが、綺麗に咲いていない。少し枯れ気味。時期が違うのか整備が必要なのか。


今週は夏休みだった。結果的にヒップホップ強化週間になっている。ひとつ一つの音がチープであろうと、リズムというのは人間を昂らせると再確認。健全な足腰を持つ限りにおいて、一生涯、踊れる。「この反復されるリズムの気持ち良さに気づいていないなんて、人生損している」と自分の尺度からしかものを見ていない発言が喉元までくる。

 

一昨日、渋谷の頭バーでムッシュかまやつさんの「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を聞いた。この曲は友達に教えてもらった。

現場で聴けると、好きな曲が流れた時の嬉しさ、原初的な音楽体験か。

---

そうさなにかにこらなくてはだめだ 

狂ったようにこればこるほど

君は一人の人間として

しあわせな道を歩いているだろう

 ---
もはや標榜。人を傷つけないものにずぶりと。

こちら朝の公園、荒井由実の「中央フリーウェイ」が流れてきた。気持ちいい。しかし、ヒップホップ強化週間。N.W.A に切り替える。

 

写真に写っているシマウマになんとなく乗って揺れてみた。切なくなったのでやめた。

f:id:sasaworks1990:20200822093739j:plain