回廊日記

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。 - 総合芸術家集団「auly mosquito」 代表 http://auly-mosquito.com ・HomePage http://so-sasatani.com

「回廊日記」 2021.03.29

『回廊日記』

 

先日、superpianoman のライブを観に行った。今、ギターの練習をしているが、どれだけ上達しても superguitarman と名乗る勇気はない。superpianoman ではないが時にパンチが効いている活動名の方に出会う。まず頭に浮かぶのがペニスハンモック※1さん。どうも、どこかに「・」をつけたくなる。

 

ペニ・スハンモック

ペ・ニスハンモック

ペニスハン・モック

 

※1 下北沢のイベントでご一緒させていただいたが、端正な顔立ちでとてもセンスが溢れる方でした

 

今のところ、ペニスハン・モックが秀でている。語呂が気にいっている。しかし、この問題は人によりさまざまな気がする。ペニスハンモックさんのどこに「・」をつけるかでその人の気質がわかる的な性格診断の要素があるのかなとか思いつつ。これはどこで一呼吸を置くのか、その人の『間のとり方』が見えたりするのだとか。

(皆様はペニスハンモックさんのどこに「・」をつけますでしょうか。)

ペニスとハンモック...この妙なバランスには覚えがある。明治生まれの俳人、尾崎放哉の句『素晴らしい乳房だ。蚊がいる。』を耳にした時と同じ感覚だ。

 


乳房に蚊、ペニスにハンモック。

直観の域を抜けないが、これら二つのバランス感は同等のものと思う。ただ、ハンモックに男性の急所をのせるのは本人の意志であるが、乳房に蚊が止まるのは外的要因(蚊の気分次第?)である。この点を考慮すると前言撤回、バランス感がまた変わってくる。


夜の風が気持ちいい季節、ペニスハンモックさんのどこに「・」をつけるかを考えながら、今日はゆらゆらと眠ることに。 

f:id:sasaworks1990:20210329233624j:plain

 

「回廊日記」 2021.03.18

『回廊日記』

 

慢性的な肩こりがひどく、マッサージ屋さんにいって肩を揉んでもらうと「押し返されます」の一言を頂戴する。施術を終えた後の爽快感は度を越して、身の毛もよだつほどである。

 

「身体の中のあらゆる血は抜かれ、新発売のポンプで新しい血を注入されている」と思いながら帰り道に歓喜のガッツポーズをとるまでには至らないが、涙ぐましくもあり、波に揺られて岸に到達するかのごとく、ゆっくりと感動が押し寄せてくる。

まるで自分自身が聡明になったかのような、全くの勘違いをしっかりと生み出す。

 

重度の肩こりは頭痛を生み活動量が減るという見解を持っている。
「なんとも、まあ、いかがなものか」と憤り今日から背筋をピンと伸ばして生活することにした。背筋を伸ばすと、腹筋と背筋が微妙に鍛えられている感じがする。
マッサージ屋さんにいくと高確率で運動を進められる、忙しいふりをした現代人に属する私はなかなか手が付けられない。

 

気になって全方位型トポロジー、インターネットで調べていると「背筋は伸ばすな」と書いてあったりする。確かに半日ピンとしていると若干腰が痛い気がしなくもない。張りすぎても逆に腰痛の原因になるのだろうか。実は背中あたりの筋肉が悲鳴を上げる準備を着々と始めていたりして。

 

背筋ではなく、腰の下あたりだけをまっすぐにして、後は力を抜くのが自然体なのか。改善のひとつの要素は己の最適解を探す作業であるので、しばらく姿勢を意識してみる。忘れたころに猫背になっていないことを祈るばかり。

 

今日は東京・渋谷でライブがある。親から授かった名とは別に objective-Saw と名付けて活動をしている。イメージ像をつくり上げている気になっていても、何の当てにもならない。イメージは自分で作為的につくるようなものではない。捉え方の範疇を超えないが反映された結果とも言える。

春も中ごろだ。objective-Saw とは一体何なのか。

f:id:sasaworks1990:20210318041212j:plain

 

「回廊日記」 2021.03.16

『回廊日記』

 

ただいま午前5時。

1時間前には少し大きめの揺れを観測。電気や水、いわゆるライフライン。断絶は突然に訪れる。食べ物が陳列されている棚からは食品が一斉になくなる。自然災害、何かを淘汰するために起こっていると勘違いすら起こしそうになる。
先日、知人の詩人が出ている番組をぼけっと見ていた。朗読の合間のMCで日付を記号化することに対して、声をあげている詩人の女性がいた。大災害の日も記号化されることにより、何でもない日と変わりなく、均一的に見られてしまうことに対する憤りと受け取ったが、捉え方は合っているのだろうか。


関東に住みはじめて、地震の多さに驚いている。周囲の家屋は倒壊し日常は瞬く間に消えていく、地震がトラウマになるのもうなずける。命に優先もへったくれもないが、子どもを持つと余計に敏感になる。なぜそうなるのかは正直わからない。


弥生、3月も中頃、気がつけば時計の針は午前6時を指し示し、カーテンの隙間からは少し光が注がれる。麒麟のビールを喉に流しこみ、90年代グラウンドビートの名盤 yo yo honey の voodoo soul のアルバムを耳に入れる。ベースライン、ストリングス、溶けていく儚さ。朝から夢を見ているようだ。


後1時間もすれば子どもが起きる。夜はすっかり明け、今日も1日が始まる。

f:id:sasaworks1990:20210316060905j:plain