読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「古き良き時代のにほひがする東京・中野へ」 式部殿とぶらっちしました。

中野駅に行きました!

最近は高円寺に行ったり、何かと中央線にお世話になっております。

今日は中野のライブハウス「heavysick ZERO」に遊びに行こうということで、式部ちゃんと待ち合わせをしていました。

 

式部ちゃんは、ソウルやゴスペルやらを歌いこなせるであろう気鋭のシンガーでありながら、脳細胞に心に突き刺さるラップもかましてくれます。さらにトラックメイクもできる前衛的なアーティストです。

 

個人的には、すごく芸術的な人だなと感じています。

その式部ちゃんのバックDJをているのが僕の妹です。

そう・・言ってしまえば妹の友達です(笑)

 

 

あっ、、来ました、来ました!

 

f:id:sasaworks1990:20161107094737j:plain

 

 

ということで、イベントにレッツゴー!!

 

・・えぇ〜、ここからは写真がないという失態を見事におかしたので、イベント内で聞いた印象に残る言葉(パンチライン)を紹介します。

 

DJのプレイが良すぎてカッコつけるヒマもないよ

 

本当はカッコつけたかったそうですが、DJのプレイにやられちゃってたみたいです。

DJにとっては、これ以上ない極上の褒め言葉ではないでしょうか(´Д` )つ

 

壁にめり込むのが当たり前だよ

 

そう言いながら、その方は壁にピタッとくっついていました。

その光景を見た瞬間、この街を好きになりました。どう説明したらいいかわからないけど、、こういうのんメッチャほっこりするんです。

 

お酒飲み〜の、かっこいいライブや「juke/footwork」を楽しみました。「juke/footwork」というのは音楽のジャンルの一つで、三連符を多用したトリッキーなリズムが特徴的です。シカゴのストリートで生まれたそうです( ^ ^ )/

 

中野の街を歩いてみよう

 

楽しんだ後は、外に出て缶ビールを片手に中野を少しふらふらしました。

すると、ホセ・メンドーサとの試合後のジョーがいました。

 

f:id:sasaworks1990:20161107100200j:plain

 

これでジョーも復活する・・はず!!

 

f:id:sasaworks1990:20161107100230j:plain

 

 

どちら口を歩いていたのか定かではないという失態を犯してはいるものの、中野の街の店からは古き良き時代の匂いがしました。

 

ギター演奏無料でできますよ、ジャズ演奏やってますよ、などの看板や何十年と存在してそうなスナックがありました。

 

ああ〜中央線に住みたい欲がしゃかりきに湧いてきました(´Д` )つつ

 

f:id:sasaworks1990:20161107100709j:plain

 

f:id:sasaworks1990:20161107101337j:plain

 

 

f:id:sasaworks1990:20161107100435j:plain

 

ありがとう(´Д` )!中野♪