心象記 -異花受粉-

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

感情はいつも時間遅れでやってくる

祭りのあと、仲良くなった人と別れるのは少し寂しい。非日常を過ごしたというのも関係しているように。過ごしているときはあっという間で、そのときは必ずやってくる。同時にとても温かい、充足感に包まれた。

 

大人になり、久しぶりにそういう感覚を味わった。感情はいつも時間遅れでやってくる。時間が経てば、その日のことを思い出すことも少なく、でも、ふとした時にその日が思い出されたり。余剰分は剥ぎ取られて、純真なるもののみが残るのか。

  

大人になれば、よりそれぞれが主役。その価値観は自分とたまたま違うだけ。その価値観を貶すことに意味など皆無で、互いの共通点、接点。それに気遣いを持てば喜びの多い道を歩めるように思う。
上下もなくそれぞれがそれぞれの道へ。 



他人は自分を写す鏡であれど、わたしはきみではない。

きみはわたしではない。だからこそ、共に創り上げられる。幸い私は周りに好きな人がいっぱいいる。一人で生きても仕方がない。

f:id:sasaworks1990:20190416232517j:plain

 

集中力は自身を取り戻す力でもある。まさに可能性。 

瞬間に集中すること。
大げさに食べ物の咀嚼の瞬間であれど。何も思い浮かべず、目の前と向き合う。想像で遠くまでいけども、目の前の一点をもっと見る。木を見て森を見ず、遠くのものをみ過ぎて今、現在を忘れている。毎日の繰り返しは思い込みに司られているだけである。

 

今ぐらい、他のことを気にしなくてもいい。
集中できることを探すのではなく、忘我をあえて生じさせる。

その行為は不自然なれど、気分が優れない癖は矯正できる・・、少し観測的希望。反応に癖があるように、思考にも凝りがあるのではないか。一点の曇りもないほどの。情報を受動的にひたすら浴びて、しまいには自身が大切にしていることが霞んだりする。

 

集中力は自身を取り戻す力でもある。まさに可能性。 

 

今日は246さんのイベント、カールモールへ。ぶれすぎたから、逆に生かして。

イベントうまいこといっていたから、こっちまで嬉しい。 

f:id:sasaworks1990:20190413001608j:plain

 

言葉を知り、美しいと感じられれば大丈夫。

肉体が衰えていくように、感受性なるものは20半ばがピークなのではなかろうか。30代を進んでいく時、そこに知性やある種の専門性がなければ変化を起こせず、同じところをぐるりと回っているだけのような。”教養”というのか、どういう言い方が正しいのかは不明です。

 

口で話すことと文字に起こすことはどちらも言葉を使用するが、性質に明らかな隔たりがある。そもそも受け取る手段が違う。口で話されたら耳で聴く。文字で書かれていたら目で読む。聴く行為の方が読む行為より、直感的であり瞬発的であるかと。脳にどういった影響を及ぼすのだろうか。

 

言葉を綴れど、どこか虚しい時がある。なぜか。綴る行為は浄化的な働きをしていたはずが。どういうイメージをもたせるのかが定まっていないからなのか。言葉を知り、美しいと感じられれば大丈夫か。

何であれ、調べていると、心躍る瞬間がある。それも出会いかと。

四字熟語をちょいと調べてみた。

 

かしん-れいげつ【嘉辰令月】


めでたい月日のこと。よい日とよい月の意。

▽「嘉」も「令」も、よい意。「辰」は日のこと。
句例:嘉辰令月を選んで結納を交わす

 

たいぜん-じじゃく【泰然自若】
落ち着いていてどんなことにも動じないさま。

▽「泰然」は落ち着いて物事に動じないさま。「自若」は何に対してもあわてず、驚かず、落ち着いているさま。
句例:いつでも泰然自若としている用例あなたったら、あんまり愕おどろかない性質たちね。泰然自若たるものね<三島由紀夫・愛の渇き>

 

けいちょう-ふはく【軽佻浮薄】
考えや行動などが軽はずみで、浮ついているさま。

▽「軽佻」は落ち着きがなく、よく考えないで言動するさま。「浮薄」は浮ついて軽々しいさま。信念がなく他に動かされやすいさま。「佻」は「窕」とも書く。
句例:軽佻浮薄な振る舞い用例昭和維新の目的は、すべての軽佻浮薄の根元を叩きつぶすことにあるのだ。<井上光晴・心優しき謀反者たち>

 

 

最後に、カメラロールに入っていた写真。

(多分、渋谷ツタヤの7階)

f:id:sasaworks1990:20190410230430j:plain

 

(忘れたけど歩いた道)

f:id:sasaworks1990:20190410230448j:plain