心象記 -異花受粉-

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

朝になった

2019/10/17

 

雨が続く。幸い、私の周辺は19号による被害がほとんどなかった。近所のスーパーに行き、カップ麺など、非常食を購入した。棚からはたくさんの商品がなくなっている。スーパーやコンビニなどから食品が消えた場合、どこから食べ物を手にするのか。生命維持の為にはどうしても必要である。


何かと"有ること"に慣れすぎて、密接に関わっていた事実を忘れていた。人間は思ったよりも脆い。生活を立派に行える、生命身体の安全。避難勧告の警報が鳴り響く。暗闇の中、雨と風の音に加えてけたたましい放送。妻は妹夫婦と連絡を取り合い、状況を確認している。私はガスボンベを補充していない不安に苛まれ時間を過ごす。

 

何をしたわけでもなく、次の日までの記憶がどこかへと消えている。朝になった。

停電に備えて買った懐中電灯が目に入った。

f:id:sasaworks1990:20191017231121j:plain

 

扉にはりつく三重奏

2019/10/09

 

閉まったドアに3名が張り付いている。一歩後ろに下がれば、隙間が生じる。その広さはすでに空間であり、私的な領域を獲得できる。それでも3名は、閉まったドアに対してわれ先にと進もうとする。競争と呼べるほどのものでもない。「せせこましい」の縮図化に成功した模様である。


見方を変えれば、不満を口にしない以上、その図を構成する3名は"自由"と捉えられる。皮肉めいた観察者の場合は彼らを哀れむであろう。

  

目の前の状況に感想を抱くことは、個人が持ちうる感覚の"何かしら"を投影している。また、他に対する哀れみは(大きくみれば)自己における慢心でもありえる。感情は空間のそこら中にあり、周囲の人間に憑依していく。そして、思いもよらないトリオが完成する。目の前にしてもどうしようもないのである。

  

「やれ、追いつけ、追い越せ。」決して調和しない三重奏を耳にした。

f:id:sasaworks1990:20191009235107j:plain

 

ゆえに「形骸化」

2019/10/07

 

集中することに注力する。制御、その意志の力を習慣とする。ヒビが入れば修復する。破壊と再生を繰り返していく。いつの間にか、随分と遠くまで来てしまった気がする。壊すも、以前には戻れず、認めることでまた強固に。


喜怒哀楽は虚像であり、普段はその像と肩を組む。それでひとつ。「別の像である」という意識が強く働くと、分裂や乖離を引き起こす。では、別の像であると意識させるコネクタの役割を担っているのは、何であるのか。自意識が作り出した大きな存在と暮らしている。


無意識の反応。人格の定義。

例えば、家庭を持つ父親は子どもを躾ける。裁いたり、導いたり、様々な役割を担う。

役割は状態に対して、名前を付けただけだとしても。


すごく断片的であり、割れそうな感覚。

片頭痛が伴う。今日は一日それが続いている。

f:id:sasaworks1990:20191007224106j:plain