独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

ハネムーン後半戦!! 竹富島に行って来たよ。

竹富島に上陸

 

竹富島に行って来た。車は一台もなく、信号機も無い。塀は石で囲まれ、赤い瓦の屋根の上には、厳めしいシーサーがいる。石垣島にいたシーサーと、竹富島のシーサーは表情が違う。

 

植物が生い茂り、海岸で星の砂を探す旅行者は初々しい。家そのものが文化財と化している。あいにくの天候、ざざっとスコールが降っては晴れ間が覗き込んできて、バスガイドのおじさんは豆知識を教えてくれる。

 

しかし、音楽と土地のつながりがすごい。

水牛舎に乗せてくれたおじいちゃんが唄い出せば、待合室にいた島の民であろうおあばさんも唄い出した。なぜ、島の唄にこうも心を掴まれるのか、という疑問が湧いた。

 

「唄」に歴史が内包されている。音楽の重みや説得力は一人の人生では成り立たないのかも。そのいなたい旋律には、人生を紡いできた人々の悲しみや喜び、刻まれた景色、が詰まっていると想ふ。

 

それらが継承されて、心を動かす。その数分には嘘か真か分からないような物語も仕組まれているのかもしれない。音楽と人が近い、作りものではなく、広がるように。「生きていく」と「音楽」が絡んでいる。

 

しかし、真近で見るのと想像をするのでは違うもの。

まず、匂いが違う。正直、島はいい匂いだけではない。甘いというより、苦々しく、淀んでいる。それが、すごく島らしく。都会に生きているとあまり自然や動植物との共存のことを考えない。まるで、現実味がない。

移動していると、常に木が見守ってくれている。身近な存在、大切なものを守ろうとする感覚は何も人にだけ宿るのだけではなさそう。逆に、都会にいるときと何ら変わらない感覚もある。

 

どこまでいっても辿っても、人だなと思う。

最近、純粋に感じる気持ちが自分から乖離しているように思える。なんだ、なんだ。何事だ。守られる側から守る側へと変わっていっているような気もする。ただ、得るものがあれば、失うものもありそう。そうなれば、悶え苦しみ悩んだ時間は貴重となり得る。

うまいことできてます、此の世というのは。 

 

P.S

こちとら新婚旅行のつもりでしたが、

旅行3日目の嫁の「ハネムーンだったの?」が心に響いています。

f:id:sasaworks1990:20170821181107j:plain

 

ハネムーン!!!蜜月旅行! 石垣島に降り立った。(1日目)

石垣島に降り立った

 

中学二年生の修学旅行以来に、沖縄にやってきました。

中学二年生の時と感じることがこんなにも違うものか。中学二年生の時は、「バナナボートはやっ!」「首里城に行っても何も感得せず、夜を楽しみたい」と言う具合でした。断崖絶壁の子坊主です。(石垣島が、見えてきた!)

f:id:sasaworks1990:20170820053244j:plain

f:id:sasaworks1990:20170820053323j:plain

今回は石垣島に来ましたが、いやはや、・・衝撃です。

時間の流れがゆっくりとは予想していたけど、・・ゆっくりや。自転車でふらふらしている焼けた少年たち、土曜日の23時になればほぼ全員千鳥足、信号も全然なくて、車でスンスンいける。街中で会う人同士の挨拶を見ていると都会とは違う。関西や東京から移住している人も多く、石垣島の魅力に吸い込まれるのもすごくわかる。

 

ギラギラした感じはなく、繋がりに人間味を感じる。絶大的な魅力。

ただ、陽気なだけじゃない。少し影も感じる。ラジオから流れてくる音楽はどこか哀愁がある。自然と人種のことやルーツを考えざるを得ない場所。それに対抗するため、人々は団結し明るく日々を生きている!というところまで、勝手に想像してしまう。明らかに、価値観の所在は経済にない。

 

「ゆっくりとした時間が流れる場所で小説家は生まれるのか」という思いも発祥した。小説には生々しさ、文字が持つ冷たさを活かした鋭さ、リアリティが必要になるのだけど、それらが湧いて来ない気がする。「南の島に文学は生まれているのか?」これまたいつか調べよう。

 

夜はライブがある居酒屋へと行きました。いやはや、三味線の音と唄い手の声の揺らぎにはぐっと心をつかまれる。名前は忘れてしまったけど、普段は漁師をされている方が唄っていました。溢れ出る優しさに素朴な目に、女店長から怒られている姿を見ていると、ほのぼのしてきます。

f:id:sasaworks1990:20170820053419j:plain

音楽とはこういうことを言うのじゃないか、という思いさえ抱かされます。

ライブの最後には、「かき混ぜる」を意味する踊りカチャーシーが繰り広げられました。旅行で来たであろう、クリエイターっぽい外国の方も踊っていた。とりあえず、猫も杓子も踊りゃな損々という具合に踊ってきました。

 

ゆっくりとした時間が流れる場所に移住したい。と想像で思っていたけど、本当に、肌に合う。石垣島一日目、濃すぎて、眠れない。

「独りぼっちのささじぃ。」 生誕して1年が経過しました。

ブログを書き始めて1年が経ちました

 

思ったこと、感じたこと、小説風味、文字を使いつらつらとブログを書いてきました。

 

気がつけば、「独りぼっちのささじぃ(27歳)」も1年の月日が経っていました。1年生など、老師から見ればまだまだヒヨッコでございますが、1年おめでとうございます!(*_*)

  

そして、読んでいただいている方、とてもありがとうございます!(*_*)

 

気がつけば230記事、書いていました。数などはまさに関係ないのですが、プロになるには10,000時間は費やせ的な格言に近づけているのかなと。最初の記事を読み返してみると、なんと初々しい。

 

読んでいる人の心のどこかの瞬間に突き刺さっていると嬉しいものです。自我を解放した瞬間と、感受の瞬間が交わる。

これこそ、出会いってやつじゃないのか。

 

同じ様な日常でも、気の合う友達と蕎麦を食べる1時間が色濃い貴重な時間になり得たり。人の中に生まれ、人の中に死ぬ運命にありしものだなと。しみじみしております。

 

それはとてもゆっくりだけど、地盤を作り船は動き出しています。

逆に最近の悩みは、昔より悩みにくくなったことです。「年とったなあ」の一言で済ましたくない自分がいます。しかし、なんかすごく穏やかに安定しています。

というようなことを、友に相談すると「隣の芝は真っ青や」言いました。ふむふむ。

 

ぶっちゃけ隣の芝の青さを理由に奮起していた部分もありました。鋭い感性は遠くに打ち上がってしまうのでしょうか。やまびこのように繰り返し跳ね返ってくることはあるのでしょうか。

 

ブログの色合いがすぐ灰色になる癖がありますが、とりあえず、明日から石垣島に逃亡します。島に住みたいとか思っていた自分ですが、実際に島に行ったことがなかったので、若干緊張しています。

 

島とはいかなるものか。明日の用意まだしていないので、用意する。

やはり、ブログ1年おめでとうございます。光も闇も書き連ねる。本好きとして文字にしかない魅力を伝える。

 

脈絡のない文章の多さは相も変わらずでございますが、末長くお付き合いいただければ幸いでございます。

笹谷創

f:id:sasaworks1990:20170819003816j:plain