独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「マイルス・デイビスと東山魁夷」 スターと芸術家は思想の伝え方が違う。

マイルス・デイビス東山魁夷さん

 

マイルス・デイビスは偉大なジャズトランペット奏者だ。

三宅洋平さんがあるライブのMCで「マイルス・デイビスを作ったのはマイルス・デイビスだけではない。マイルス・デイビスをやばいと伝えた人たちも含めてだ。」というようなことを言っていた。なんか、このMCがすごく心地いい。スターを紐解くと多くの伝えていった人たちがいる。

 

ここにロマンチックをやたらと感じる。どれだけの思考も伝承の枠組みからは抜け出せない。むしろ、伝承を大切に自らを切り開いていくものだ。その一方で東山魁夷は、スケッチ旅行に独りで旅に出る。自然に魅せられ多くの風景画を残している。芸術は独りで対峙し、スターは外向きと構築する。

 

面白い対比だ。

 

東山魁夷さんは家族の不幸にあったりと大変な人生。何か川端康成さんもそうだけど小説家とか画家には周囲が亡くなったりが多い。だからなにというわけではないけど、何だか芸術に通ずるのかな。

 

そういうのもあってかなかってか、魁夷さんの作品は心温まる。

f:id:sasaworks1990:20170722003523p:plain

 

f:id:sasaworks1990:20170722003505p:plain

 

日本画などあまり詳しくもないが、魁夷さんの作品から優しさを感じ取ることはできる。どの風景画もやはり優しい。そもそも雄大な自然は人間にとって優しいのか、厳しいのか。厳しいからこそ、優しいということも言えるので、非常に難しいところではありますが(´Д` )

細かいけど、細すぎず。繊細さを知り尽くしたが故の横着。それが、風景画に生きてきている。

 

絵画に対する知識が皆無と言ってはいいですが、視覚を満たす絵画には心動かされる。聴覚を有する音楽とはまた違った趣だ。思想は歌詞やライブにでる。そして、思想は絵に出る。 

むしろ、思想が滲み出した作品が好きだ。思想の滲み出し。

マイルス・デイビス東山魁夷さんも思想が滲み出している。垂れるように溢れるように出ているのか、放出されているのかの違いはあれど、思想的だ。

 

思想は実装として、人生を育む。

f:id:sasaworks1990:20170722003933j:plain

「はっきょいのこった!!」 勝負がついていないなら、ひたすら取り組む。

練習、練習、練習

 

歌い方って、本当、難しい。。。

音節を気にして、どれだけ細かく捉えることを知っているか、と思いきやフレーズをひとつの塊として歌う意識で、、あああーーーー(´Д` )

徐々に良くはなっているけど、あああーーー(´Д` )むずかし。いつでもどこでも、同じように歌っているプロすごっ!その安定感を本当につかまないと・・。うまく行く日があったりなかったり。絶対的に技術もいるよね。

  

絶妙なバランスをつかむまではやめられない。考えすぎて、どれがいいのか悪いのかわからなくなる。笑

 

魔人のループに陥っているけど、抜け出した先には素晴らしいものができる。

胸を張って良いといえるもの、全員が良いというものはこの世にないけど、好みはあれど誰が聞いても良質といえるもの、個性じゃなくてまさに普遍性のレベルまでにいかないと。なかなかに焦る日もありますが、これに近道はない。

 

ひたすら練習。練習。練習。

ちゃぶ台4つぐらいひっくり返したくなるぐらい悔しい日も、ちゃぶ台を眺めたくなる日も頑張ろう。やるかやらないか。完全に2択。やる。やる。やる。

 

何万回もこのブログで言っている気がしますが、芸術活動の地盤には技術があるでごわす。なんか、とりとめもない文章になりさらしいてますが、そんな日もはっきょいのこった。まだ、勝負はついていないんです。

 

ひとつのことに打ち込みまくっているお知り合いの方が何人かいてる。

自分は文章書いたり、音楽したり、写真撮ったり、プログラムに興味を持ってみたり、なんやらかんやらいろいろ手を出している。ひとつじゃないゆえ面白いけど、ひとつしかない人の魅力に憧れたりする。

 

憧れようと自分で選んだ選択肢、責任を持って全うしよう。

素晴らしいものを作る。作る。作る。頑張る。

f:id:sasaworks1990:20170720002820j:plain

 

ミュージックビデオの撮影にはじめて山に登ったよ!!

山にはじめてのぼったよ

 

今日は初めて山に登りました。

山を登るとはどういうことかと全然分かっていなかっただす。共に登ったのはほりぐーさんです。自称、数々の山を登って来たというほりぐーさんに死角はなかった。mont-bellを着こなし、履きこなし、準備万端でごわす。

  

恐怖のロープウェイに乗り、ゆらゆらと揺れるゴンドラ。全然はやい!こっちの恐怖心を置いといてゴンドラくんはガンガンいく。そして、山登りが始まり。どの岩を選び進むか、センスが問われる。瞬間の判断能力がクライマーとしての第一歩と感じていました。しかし、登りは普通に体力的にきついです。泣きそうでした。

 

途中で腰掛けやすい岩に座り絶景を眺めました。「オムレツを食べたい」その心がだんだんと強くなりました。「オムレツを食べたい」と考えていると足下は土からだんだんと岩が多くなる。

f:id:sasaworks1990:20170717224800p:plain

 

これが大自然か。眺めはすばらしすぎますが、いかんせん体力がきつい・・。

と思い、、、ふと横に目をやると、大自然を身体で受け取って笑顔になっている人がいました。これが本当のクライマーか。しかし・・デンジャラス。

f:id:sasaworks1990:20170717225216p:plain

 

しかし、山小屋に着いたときのジャガリコがばり美味しい。。涙

カイジが地下で焼き鳥食ってビール呑む気持ちです。そして、下りは登りに比べてすいすい行くから楽しい。ゲーム感覚でひょひょいといける。登りは下りの楽しむ為にあるような。しかし、山登りは何か病み付きになるような感覚が分からなくもない。

 

そう、、本日はミュージックビデオの撮影で山登りました。「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」のほりぐーさん(堀口晋作)と曲を作りまして、山シーンの撮影だす。山登りはしんどかったけど・・いい絵は撮れた!!近日に公開できそうな予感がすごいので、みなさま「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」何卒よろしくお願いいたします♪

 

f:id:sasaworks1990:20170717230333p:plain

 

 

すばらしい乳房だ。蚊がいる。・・なんやねんそれ!!!と言う方は

こちらをごらんくださいまし^^

 

「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」の軌跡

 

 1.「ちぶかが」発足

sasaworks1990.hatenablog.com

 

2.「ちぶかが」盆栽村にいく 

sasaworks1990.hatenablog.com

 

3.「ちぶかが」 メンバー増殖

sasaworks1990.hatenablog.com

 

 4.「ちぶかが」シンポジウム開催

sasaworks1990.hatenablog.com

 

 

 4.「ちぶかが」BBQ前半戦

sasaworks1990.hatenablog.com

 

 5.「ちぶかが」BBQ後半戦

sasaworks1990.hatenablog.com

 

 6.「ちぶかが」会議

sasaworks1990.hatenablog.com

 

  7.「ちぶかが」ミニ演奏会

sasaworks1990.hatenablog.com

 

  8.「ちぶかが使節団」静岡へ

sasaworks1990.hatenablog.com

 

9.「ちぶかが」初イベント打つぞ! 

sasaworks1990.hatenablog.com