独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

下はスーツやのに、上は白シャツ・・ないない漢。ファッションについて語る。

よし、ファッションについて語るぞ

 

はうはうはう。

またまた、ふらっと近所のヒソミネさんによって、ウィスキーを飲んだよ。

近所に音楽が流れて、お酒を飲めるところがあるだけで最高。今日はファッションについて書こうと思う。ファッションなんて門外漢です。

  

彫りが深くない自分に合うファッションはなんなんだろうと。

完全に個人的なことを言うと、彫りが深いと説得力が増す。気がする。人間は雰囲気とか印象で70パーセント以上決めていると、大学の何かの講義でやっていた。

「内容を聞かんかい!」と思いながらも、好きなミュージシャンは大体、彫りが深い。彫りが深い人に憧れがちだけど、ここに関しては諦めた。

彫りが浅くてもやっていけるはずだと。ファッションで彫りの深くなさを誤魔化すしかない。さあ、どうずらそうか。自分の場合は、いわゆるストレートに合うコーディネイトをしていても、仕方ない。

(数年前の自分、この年齢にしかできないファッション!!)

f:id:sasaworks1990:20171019001726j:plain

 

やはり、真っ当な人から「ダサっ!」と言われるぐらいが丁度いい。外しているのをどれだけ味にするか。あえて外すけど、トータル、外れていないな、ぐらいの丁度をめがけて放り込む。そんなに高価な服ではなくとも、組み合わせで、その丁度をめがけれそう。

 

いろんな面で王道にはいけないということは、氣づいているが、外れている界の王道を目指している。これは音楽も一緒で、大多数の共感を得る音楽はもはやできないけど、マイナーの中のメジャー。というか、マイナー志向、だけど、メジャーというか。なんと表せばいいか。客観性ゆえの独断性といえば、一番近いかな。そう、客観すぎの独断、これは独断なのだけれども。それを掴み取るにはまだまだ旅にでないと。無理に迎合せず、リラックスに。

 

ふむむ、彫りが深くないゆえに、考えることが増えています。

まずは、木をお洒落という観点から眺めよう。どんな木がお洒落なのかい。

f:id:sasaworks1990:20171019000753p:plain

土曜日はCacutusでカメラマンをしたよ。 Minority Ruler 毎回、いい空気が流れている。

土曜日はMinority Rulerでカメラノマン

 

土曜日はいつもお世話になっているCactusに行って参った。

写真を撮りました。最近、音楽のなっているところに行けていなかったから、すこぶる楽しかった。ただ、オールナイトすると生活一変します。誰かが言ってた30が近くなるとオールがキツくなる。と。

 

そんな未来の話を・・。と思っていたけど、そう遠くない未来。 

ボブマーリーが連発で掛かったり、何かとテンションが上がる感じだった。カメラマンという任務を果たしつつ、大きな音に身を包みつつ。バネマンくんのショウケースが印象的だった。エンターテイメントに裏打ちされた洒落た言葉遊びというか。インパクトも何かしらすごかった。

f:id:sasaworks1990:20171017223328p:plain

ゲストの皆さまもエネルギーが高くて、わいわいと楽しめました。そして、あの日から、ロックを頼む癖が治らなくて、コーヒー焼酎を飲んでみたり、ラムをロックで飲んでみたりした。

 

そして、デンジャーシューさんに「この顔めっちゃおもろいと思うねんけどなあ」とかなりの変顔でめっちゃ落ち着いたトーンで相談されたのが、印象的でした。

 

次回はライブをさせていただくことになりました。この写真のようにまた違った空気感を掘り込みませう。けっきょく、理想の共鳴、理想の節回しを得る。自分の作る歌は技術あってのものだと気付いて早何年。あせらずに、確実に近づいている。

f:id:sasaworks1990:20171017222635p:plain

 

ここからは、完全に余談ですが、かまいたちさんがキングオブコントで優勝してから、やたらと漫才をみてしまう。かっこいい・・。

マイクスタンド一本にしゃべり狂う感じ。どういう「型」があるのかはわからないけど、加速的になったり、すかしたり、伏線を回収したり、極上の言い回しがあったり。漫才というか、天竺鼠さんとジャルジャルさんと東京ダイナマイトさんの漫才ばかりみている。めっちゃ、面白い。漫才、かっこいい。

好きなアーティストのライブをネットの海に潜り探ってみた。珠玉の名曲たち。

好きなアーティストのライブをご紹介

 

パトリスさん、、いい音楽します。

見た目は違うけどBob Marleyを彷彿とさせる。マッタリとしたリズムに絡みつく声が最高。今日はずっと、パトリスさんを追いかけている。Reggaeを基調として、いろいろと消化してそう。はうはう、いい音楽だ。  

 

ということで、今日はYoutubeを見ていて「ハッ」となったライブ映像をご紹介します。またもや、自分が好きなアーティストをぶちまけです。

忌野清志郎さんのスローバラードです。これは、映像も相まってか心にしか刺さりません。 

 

うーん。たまらない。ボブさん。

聴いていると、時代の一過性の中に集約されないでおれるというか。素直。人間。

 

ラップはもちろん、振る舞い、いで立ちからセンスしか感じられへん。

 

 素晴らしい。素晴らしい。

 

やっとの事で手に入れたのさ〜。

 

もう、よすぎっ。お腹いっぱい。ああ。自分で紹介しておいて、満足です。( T_T)

それぐらいのパワーを感ずる。

 いろいろと掘っていけばもっともっと良質な音楽に出会えるはず。音楽がかたどってくれます。今日は、週末、土曜日の夜、良質な音楽を聴きにお出かけだ。

 

よし、これ以上の言葉はいらないんだ。音楽を探しに出かけよう。

f:id:sasaworks1990:20171014220352p:plain