独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「解釈とハードコアテクノ」についての雑談。

解釈とハードコアテクノ

 

気がつけば暑かった夏も終わり、冬が来ました。こたつの中に入りウトウトする瞬間の気持ち良さが感じられる季節でございます。色々頑張ってもそういう日常感を大切にしたいよ。

  

しかし、菊地成孔さんてユーモアのセンスすごい。機知に富んでいる。あの喋りや文章を日常的に出来るとは。凄み。あんまり真面目じゃなさそうな感じが惹きつけられますよね。川端康成さんとか余白や空白に感性を滲ませることこそ、モノホンだ。と・・考えていたけど、菊地成孔さんはその逆を行く。余白を軽妙な言葉やトークに置き換えられる。これまた、稀有だ。文学の影響を受けているであろう書き方、方法論自体を考えてしまう自分とは種類の違う芸当だ。

 

確か三島由紀夫さんも島田紳助さんも「同じ体験をどう解釈するかが才能ではないのか」というような内容をおっしゃっていた。これは言い得て妙。この体験がもしもこうだったらという想像力も手伝って、エピソードトークは完成するのかもしれない。 

f:id:sasaworks1990:20171122233313p:plain

平坦な日常に趣向を凝らさずとも、解釈の操作とは。日々、更新される主題についていくのにも必死。全然関係ないけど・・最近、ともに働いている人と話していたら「ドイツのハードコアテクノ」が好きでDJしていましたと・・発覚。眼鏡を掛けてらっしゃて、柔和でハードには見えないぞ。どんな曲をかけるのだ。そもそも、ドイツのハードコアテクノとはどんなものなのか。

 

BPMはそんなに早くないですよ!」と軽快に言ってくれるのは素敵だけど。ちょっと、調べてみた。カールコックスさんは世界的に有名で、そしてこれはハードコアテクノではない気がするけど、一定のリズムで降りかかってくる音が心地いい。 

 

なんだか、ダンレボを思い出す。 

 

テクノとかハウスとか心地がいいとずっと踊ってられる。躍動することで体が呼応するよ。

 

 

「この海原雄山、天が下に恐れるものいっさいなし!」 最近、美味しんぼばっかり見ている。

美味しんぼの話

 

「素材の味は最高だ!」・・最近、美味しんぼ観てます。

テレビやアニメはほぼ見ないのですが、時にはまります。ここ5年間ではまったアニメは「るろうに剣心」と「明日のジョー」と、そして「美味しんぼ」です。

ふらっと1話を見たらあれよあれよと続きを見てしまう。ドラマに関しては全く見ていない。記憶にあるのは「サトラレ」とか「やまとなでしこ」とかです。(何年前!!)

昔見た「週刊ストーリーランド」でぼろ泣きしていた思い出とかも記憶の彼方にあります。  

美味しんぼ見てたら、やたら料理の解説をしてくれる。日本海で採れる何やらとか、ご飯の炊き方とか、なんやらかんやら。「ずっしりと手応え十分なんです」

 

今、ちょうど美味しんぼを見ています。寿司職人のなつこさんは、男の人に負けじと努力を重ねます。ただ、男の人に勝とうと、勝とうとしています。

食の味を知っている歌舞伎の女形の人にバチバチ言われています。寿司を食べた感想として、「男の人の醜い部分を詰めた」みたいなことを言われてしまいます。なつこさんは悔しがります。

 

ここで山岡さんがなつこさんをフランス料理に連れて行きます。そこの店長の人は女性ですごく自然体で・・なつこさんは「男に勝とうとばかりしていた自分」に気が付きます。

 

数週間後、歌舞伎の女形の人と山岡さんとかとなつこさんの寿司屋さんにいきます。そこには、荒々しさがなくなった優美な雰囲気のなつこさんがいました。それは寿司の味に影響を与えています。なつこさんの寿司には優しさが灯り、女性ならではのきめ細やかさが反映されたのです。

 

隣の芝は青く見えますが、特性を生かすという。

他人ではなく自分と自分を比べる。そして、終わるときの栗田さんと山岡さんの絡みがほっこりします^^

f:id:sasaworks1990:20171120223643j:plain

 

随筆『遥か』

遥か

 

お馴染みの生活に、いつも特殊な芳香がする。落ち着いた日の挙動に正しさを求めたりもする。すごく、実験的で謙虚な人々。温もりを感じるのはいつもそんなところだ。「重視されるべきものが軽視される」その発言にはひとつ誤りが存在する。

 

人間生活をひどく置いてけぼりにしている。誰もひとりにはなりたくないのだから。緻密に絡んでも、いつかは遅延し、取り戻せないほどに歩みは鈍くなり、私は叱責する。
現実感を伴わない描写は、言葉として音として捉える。その向こうには光明が差し、熟成されずとも抗えず。いつもの偏頭痛は部屋の明かりをつければ訪れる。

 

包丁を持つ母親の手に萎びた息は愁いを帯びて、胸に届く。さらには、支えられるほどに中心をなぞり渦を巻く。賑わいを避けた自らに笑えるかどうかを問う。純粋な基準を守り疾走した過去は、追随を許さずカゴの中の鳥となる。与えられた世界にしがみつき羽ばたく。一番の幸福の形を知る。短い距離を全力で駆け抜ける。 

 

その後に増幅されてしまう術や目的地を忘れかけて。外は寒く頬に風が当たる。いつも、コタツの中で足を伸ばし眠ってしまった少年期を思い出す瞬間である。それは、詩とも呼べないような言葉の繋がりを握りしめた日でもある。

 

確定を知らぬからこそ、疑える。笑える。悲しめる。刹那的な人生を憧憬し幾人が消えてしまったのだろうか。願わくば全てが健やかに、遥か彼方から君が迎えに来やしないだろうか。妄想の内は自らを人格として陥れる。そう、誰かがドアをノックした。

f:id:sasaworks1990:20171116232948p:plain