独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「餃子ヲススメ」 胃袋に求められし実家のぎょうざ。

餃子ヲススメ

 

今、胃袋に求められし「実家のぎょうざ」。
ほどよい近所には王将があり、さらに近所に餃子の満州が聳え立っている。餃子を食べたければ、何も惜しむことなく食べられる。満州の餃子は、月並みな表現だが外はパリッと中はモチっとしていて、美味しい。

 

餃子、ひき肉と細かく刻まれたネギ等を練り混ぜる。肉も野菜も渾然一体となり、ひとつの作品を創っている。

 

タレには醤油やラー油を入れない。
ある日、カメラマンのふっしーに酢と胡椒だけで酸味がある爽快なタレになると教えてもらった。1年くらい経つであろうが、未だにそれを実践している。

そのタレで食べると、暑い夏に屋上で行われるビアガーデンのごとく、涼味を感ずる。新しい価値の発見はビジネス思考を働かせなくても、こんなに近くにある。いつもそばに。ああ、生きるための思考力が餃子に収斂されていくみたい。その最中、求められているのは実家の餃子だ。

 

正統な餃子を目指しながらも完成したそれは、よほど水餃子に近く口の中でとろけるかのよう。微妙な皮のねばりが野菜の味を引き立て、口の中に風味を持ち込む。

 

世の中には無数の選択肢がある。明らかな事実。その中から一つを選び取り、行動する恐怖に誰もが煩悶とする。壮大な道のりに恐れおののくことも一度や二度ではないはず。

 

そんな時にふと食べたくなる実家の餃子、究極のメニューに入れようか、いや、至高のメニューに入れようか。

餃子ノススメ。

f:id:sasaworks1990:20180622000140j:plain

flickr

 

今日の一曲

 

70年代末から90年代に活躍したイギリスのロックバンド「Dire Straits

当時のトレンドとは違ったオリジナリティがあったそうだけど、売れたそうな。

 

f:id:sasaworks1990:20180622000226j:plain

 

この曲、喋るように唄うスタイルがいいですね。

音を合わせにいったと思ったら、また、しゃべる。その絶妙な境目がメロディ(?)を飽きさせないのね。歌い切らない、という。反骨心みたいなんも感じられたり。

メロディを作っといて、ここ喋るゾーンみたいに取り入れたら、面白そうと思いながらです。

www.youtube.com

 

 

日本に住むなら、浅草で生活しようと決めた日。

浅草に住む

 

 いやあ、浅草いい場所。

ちょこちょこは通ってたけど、何か生きてたら、一年に一回ぐらい直感が働くことがあります。いわゆる「きっかけ」と呼びます。「こうなることが決まっていたんだ!」というと、運命感じるおじさんの如くですが、あながちその通りでござす。

 

「日本に住むなら、浅草で生活しようと決めた日。」

 

トンテキ元気・浅草ちゃんこ場さんのイベントに立ち寄りました。

一階は繊細で妙にエキゾチックな音楽が、二階は鬼の宴会。

(1階)

f:id:sasaworks1990:20180618075117p:plain

 

(2階)

f:id:sasaworks1990:20180618075155p:plain

 

これぞ、浅草と感じました。夏に行った石垣島と同じ匂いがしました。

「何かようわからんけど、自分、音楽やっているらしいなー。がんばりやー」と気さくに声を掛けてくれはる感じが似ていて、ときめいています。近所の子どもさん(9歳)のビートボックスの上手さとか。町から健康が溢れている。

「そういう場所を求めるのは、純正な大阪の血!」

 

チョップさんのライブを拝見させていただきましたが、町との相性に生まれ育った感というか、これぞ「本物」だと思いました。興味深すぎて、帰ってきても眠れなかった。

(画がすごすぎる!)

f:id:sasaworks1990:20180618075755j:plain

 

最近、斎藤茂吉さんの随筆を読んでいて、日本語の侘び寂びといいますか、漢字にカタカナに平仮名に輸入された英語、日本に生まれたから、その文化の匂いは音楽にも取り入れたいと。音自体というか、もはや、精神性の問題として。何かしらの文化を。

 

文化とは客観的なものであり、誰しもが潜在的な感覚として持っているものと思ってまして、文化の精神性があるとそれが引き出され魅力満載なのかなと・・。

僭越ながら考察させていただいております。

 

日本語って単純に字面が美しい。文章でも英語の方がやわからくグルーブがあるように思えますが、世の中のあらゆる事物と一緒で一長一短だと思いやす。浅草に行って、そんなことを考えました。

f:id:sasaworks1990:20180618080227p:plain

そんなことを思いながら、半ば、夢うつつ状態の時、「地味で茫洋としているのですが、何だかとても惹かれます」母親からそんなLINEがきました。

 

「茫洋」・・、ぼうようと読むんだそう。意味は「ひろびろとしたさま。また、目当てがつかないさま」らしい。心くすぐる、めっちゃ使いたくなる熟語「茫洋」。

タイトルから発想を広げるという意味で、「茫洋」という曲を作曲してみよう。

(見事にイメージの問題に発展中!)

  

そういえばイメージから作った曲があった。

回廊の家というタイトル。回廊、それは長くて屈折した廊下。

長くて長くて、いくら迷えども出れない、端的にいえば、映像を含めて世にも奇妙な物語の世界観を意識して作曲したやつです。お聞きあ〜〜れ〜。

www.youtube.com

 

「ドクターオニオン 」「六月の雨」 短文随筆の二本立てだよ!

ドクターオニオン 

 

刺激的なオニオンがスープに染み、広がる。

ストライプ模様のあの球体にぎっしりと旨味が詰まっているのだろう。根源的な力さえ感じられる。

「堀りにいきたい、玉ねぎを!」

土の中にどんと眠り、堀り起こすと半分より上を覗かせると思う。自然と土を従えているような存在感もたまらない。スープを一口飲んでしまえば、想像力が掻き立てられるあの代物。


「出汁の旨みこそ、燻し銀よ。あなた、彼に一矢報いたいなら、汁よ。出汁よ!」
生命力のある主婦が声高に発言する姿をぼんやりと想像する。

 

旨味がある分か、僕のスープの消費はイアン・ソープばりに早い。

口の中は荒い濁流に巻き込まれながらも、オニオン一点に集中している。憎き味の王様、その発祥の地さえも思い込みで埋めてしまいそうだ。悪霊に吸血鬼もよもや相手にならないのだ。

すっかり悦に入り、堪能していると舌を軽く火傷してしまった。

 

僕は恥じながら病院を探しに出かけた。

f:id:sasaworks1990:20180616121018j:plain

flickr

 

 六月の雨

 

六月の雨は連日続く。小さい頃に後部座席で聞いたワイパーの音を自然と思い起こす。溜まった雨水を一斉にはねのけるワイパーに感動を覚えたものだ。

 

覚える必要もないけれど、眠っていた。それらが浮かび上がることこそ、無常と言えようか。

 

近所を歩いている時に、ふと目にした赤味の強い紫陽花。

それは雨季の象徴であり、寂寞の対象だ。「寂しさの中で寂しさが美しいと知る」、鬼の小名浜の一節のような存在だ。それと反対に美化されず間もなく、名もなく、消えていく人たちもいる。


果たしてそこに憧憬や連綿とした美しさはあるのだろうか。

 

暗い夜ばかりに心惹かれ、爽快な朝に見向きもせず。作品の対象たるや如何に。いくつもの事象が同時に進行し、表象に現れる頃には混沌としている。


それもこれも、太陽が顔を覗かせない六月のせいだ。

傘を差してはいるものの、横殴りの雨に僕は打たれた。

f:id:sasaworks1990:20180616120637j:plain

flickr