心象記 -異花受粉-

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

2017-12-09から1日間の記事一覧

健三さん、優勝おめでとう。そして、笹谷創Liveします。

すっかり冷え切って寒い。最近はアクティブボーイで、昨日もお出かけした。健三さんがライブとのことで、ときわ台に駆けつけた。前も一度行ったことのあるcaveさんは、大人な雰囲気があり心地のいい場所だ。ライブを眺め、ハイボールを体内に入れれば、あら…