心象記 -異花受粉-

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

2017-05-02から1日間の記事一覧

「曖昧に断定に、なおかつダンディに」 断定と同盟を結ぼう。

断定と曖昧 3年前ぐらいにマレーシアに行ったような行ってないような。 多分3年前です。スマートフォンを駆使し、張り切って色々と写真を撮ったかもしれません。 道端とか公園とか茶畑とか、、何かしらの写真を撮った可能性もなくはないような感じもします。…