心象記

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。 - 総合芸術家集団「auly mosquito」 代表 http://auly-mosquito.com ・HomePage http://so-sasatani.com

-アイロニカルな最後になるか 愛を抱くか 君自身が太陽になるんだ-

2020/07/09

 

出社する前日に濃いウィスキーは飲まない方がいい。普通にフワフワした状態のままになる。


数字の何桁かを考えるときに、「仮数x基数^重み付け」という公式みたいなのがある。桁をバラしたような考え方。321というひとつの塊で考えるのではなく、3と2と1として、その仮数がどのように重みづけられているかと321をみる。同じ321のはずが違って見える。頭でそれぞれの要素に分解する。

数字ではなくても、"頭で瞬時に分解できる、そこからさらに組み立てられる"と何かと便利な気がする。音楽にも役立ちそう。

 
お昼は同僚の人の"オーストラリアで釣りをしていたら、イカが大量に釣れたけど、ほとんどをハチに食べられていた"という話を聞いた。(ハチってイカを食べるのか)という疑問を抱いていたら、仕事が終わっていた。


家に着くと、昨日、中途半端に残したファンタスティック・プラネットを観た。人間のペットに対する扱いのように、ドラーグ族は人間を扱う。生存競争。

感想として、このアニメを使った曲、禁断の惑星のバースがしっくりくる。

 

-アイロニカルな最後になるか 愛を抱くか 君自身が太陽になるんだ-

 
その後、club cactusの配信を観ていた。藤井さんという方の選曲、渋い。自分もいろんな楽器を演奏できるようにしたい、面白そうでしかない。

 
写真は学習中のドラーグ族。

f:id:sasaworks1990:20200710033743j:plain