智慧の記

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。 - 総合芸術家集団「auly mosquito」 代表 http://auly-mosquito.com ・HomePage http://so-sasatani.com

自分も大人だけど、大人って複雑とか思ったり。

2020/07/06

 

昨日、千駄木あたりをぶらぶらしていた。
鮫の歯という古本屋さん、面白かった。レコード屋も古本屋も、空気感を含めて好きだ。違うんだろうけど、店にいる人が友達の気がしてくる。図書館に行った時に"ヒゲが生えている老人は教養がある"と、ふとイメージだけで思う事があるが、そういうのに近しい。「あっ、お宅もですか」みたいな感覚。

歩いているとトルコランプがとても気になった、美しい。トルコランプが多数あって良質な音を鳴らすスピーカーがある。そんな場所で踊りたい、妄想ばかりが膨らむ。

街にでないとわからないことがあるものだ。

古本屋でトルコ芸術のカタログのような本を買って帰った。いいデザインたくさん。
歴史含めて色々と調べる。

 

都知事選、小池さんかなと思っていたら断トツだった。
政治というのは、どの層が住みやすい世界にするかということなのか、思想。貧富。人種。セーフティネットの張り方?
今日は仕事をしたり部屋を片付けたりした。夜は映画をみた。スローなブギにしてくれ。面白い、気だるい。自分も大人だけど、大人って複雑とか思ったり。病室のシーンがなにより印象的。はきださないように、謎は謎のままにするのが大人なのか。何でもない話が心にずっと残るのはなぜ。


最近、嬉しいとも悲しいともちがう、全然説明できない感覚によくなる。そもそもの世界線が違うのだろうか。そして、本筋と関係ないけど、浅野ゆう子さんの話し方と声がUAさんに似ていると思った。


写真は古書を取り扱う鮫の歯の看板。

f:id:sasaworks1990:20200706233210j:plain