智慧の記

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。 - 総合芸術家集団「auly mosquito」 代表 http://auly-mosquito.com ・HomePage http://so-sasatani.com

「夏の旅」

2019年08月10日

 

東北の仙台にきた。 

大宮から1時間で仙台へと到着することに驚きながらも、新幹線ではすぐに眠った。しばらくしてむくりと起き、窓から外の風景をみた。高速で移動しているため、電線が高くなったり、低くなったりしている。その奥にある風情たっぷりの田園の風景を気にもとめず、電線の高低にしばらく気を取られていた。


仙台駅に到着すると、牛タン道(ロード)なるものが駅構内にあった。人がずらっと並んでいる。誰もがそうであるように、人の多いところは苦手である。「牛の舌は食べたことがない。固いのか、柔らかいのか」そう言いつつ、その牛タンロードを後にした。

   
この時期は仙台の名物である「七夕祭り」が開催されている。上部に丸い玉がありそのした側に、涼しげに和紙がぶら下がっている、くす玉が割れた後のような、装飾物が商店街を覆い尽くしていた。その装飾物を暖簾に見立て「へい、いらっしゃい」と和紙をめくり、周囲を和まそうとした人々のことを考えながら歩いた。


商店街の店それぞれがその装飾物を出しているため、色々なデザインが並ぶ。呉服屋は切り絵を使用したり、何かと質がいい。ドン・キホーテの装飾物は、他に形容できない「ドンキホーテ」に溢れていた。「ドン、ドン、ドン、ドンキ」という軽快なメロディとあのペンギンが頭をよぎった。そこで、私は旅を実感し始めた。


 --------------------------

AWSの試験を受けようと考えている

7カ条を記しておく


題:推奨される設計時の考慮点


1.故障に備えた設計で障害を回避

2.コンポーネント間を疎結合で柔軟に

3.伸縮自在性を実装

4.すべての層でセキュリティを強化

5.制約を恐れない(ITリソース量の制限オンプレミスとは考え方を変える

6.処理の並列化を考慮

7.さまざまなストレージの選択肢を活用

 

f:id:sasaworks1990:20190811001632j:plain