智慧の記

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。 - 総合芸術家集団「auly mosquito」 代表 http://auly-mosquito.com ・HomePage http://so-sasatani.com

集中力は自身を取り戻す力でもある。まさに可能性。 

瞬間に集中すること。
大げさに食べ物の咀嚼の瞬間であれど。何も思い浮かべず、目の前と向き合う。想像で遠くまでいけども、目の前の一点をもっと見る。木を見て森を見ず、遠くのものをみ過ぎて今、現在を忘れている。毎日の繰り返しは思い込みに司られているだけである。

 

今ぐらい、他のことを気にしなくてもいい。
集中できることを探すのではなく、忘我をあえて生じさせる。

その行為は不自然なれど、気分が優れない癖は矯正できる・・、少し観測的希望。反応に癖があるように、思考にも凝りがあるのではないか。一点の曇りもないほどの。情報を受動的にひたすら浴びて、しまいには自身が大切にしていることが霞んだりする。

 

集中力は自身を取り戻す力でもある。まさに可能性。 

 

今日は246さんのイベント、カールモールへ。ぶれすぎたから、逆に生かして。

イベントうまいこといっていたから、こっちまで嬉しい。 

f:id:sasaworks1990:20190413001608j:plain