心象記 -異花受粉-

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

観察者の私が被験者の私をただ眺めている

2019年7月10日

 

調子が悪い内面をひたすら綴っても、仕方のない。せめてもの拠り所ではなく、心象記は感情の揺らぎを記録した極めて個人的なものである。観測すること、記録すること。その行為自体が面白いと思えるように。小説や詩もしかり、その個人の心象の記録は、また誰かの内奥に届き、新たな創造物を生む。


ここ2日、精神的な調子は明らかに良くないが、いってみれば、ただそれだけである。観察者の私が被験者の私をただ眺めているのだ。調子の悪さを素直な詩にしてみようというアプローチ。
--------------------

ひたすらだ ひたすらにいたいのだ

苦肉の策は もろともやぶれたのだ

だが待て あきらめろ

--------------------
この感覚をどう昇華するかという問題。壮大な空、雨が滴る葉、そういったものに心を反映させる。自然への傾倒か、ただ被験者の私は観察者の私の視線に気付き、そうはいかず、今日も社会とまぐわう。

そして、今日は渋谷に。ローホさんのおっかけ。

f:id:sasaworks1990:20190711002643j:plain

 

そして、マンハッタンレコードの壁。

f:id:sasaworks1990:20190711002709j:plain