心象記 -異花受粉-

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

あまりにも、人と出会いすぎた日

あまりにも、人と出会いすぎた日


あまりにも、人と出会いすぎたよ。

情報を処理するのに、週末潰れそう。様々な方と出会って。濃すぎて。こういう出会いがあるから、人生やめられひ。前から行ってみたかった、新宿は歌舞伎町、無人島へ。

 

ロシア文学を研究している、ムッシュー・マダム・ぺダンティーク・ディレッタント さんと出会う。「うす汚れた堀ちえみのレコード買ってきた」入店してきたりぼんさんと出会う。

そして、オーナーさんと話す、ドローンで事業をされているそう。

スッとアウリーモスキートのフライヤーを張っていただく。ありがとうございます。

f:id:sasaworks1990:20190113004905j:plain



そして、アングラ情報を扱うラリスズキさんに出会う。
そして、妄破として知り合った、かずきくの相方のしょうさんとたまたま会う。

セッションにより前衛的な音楽がうまれる。

前衛的なバンドをされている丸芽さんに出会う。師匠と呼びたい。

毎週金曜日、保っているツ白マちゃん、めっちゃありがとう。

(なんか、良い写真・・)

f:id:sasaworks1990:20190113004950p:plain

おかげさまで、今度、浅草でやろうと思っているトークイベントのアイデアがすごく浮かぶ。そして、情報過多により退場。

 

渋谷へ移動


家へ帰ろうとすると、兄貴から電話。
新宿から渋谷へ移動。駅を見渡せる、WREP へいく。

f:id:sasaworks1990:20190113004838j:plain

 

外国人がいっぱい。さすが渋谷。

ジブラさんを初めて生でみる。さすがに、幼少期に聞いた空からの力が蘇る。

f:id:sasaworks1990:20190113004502j:plain

 

情報整理できず家に帰る。ロシア文学ムッシュー・マダム・ぺダンティーク・ディレッタントさんに教わったキーワード。

 

ナボコフ
平沢進
シェーンベルク

やあやあ。