独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

人生は「瞬間的な行動の連続」(今日はイベントです)

懊悩

 

週末だからか、寝付けない。
「この人生をどう使うのか」という疑問がひたすら頭をよぎる。天に向かってジャンプしているかのごとく、逆に虚空。

考える類のものではないのかもしれないけど、たった一人で進んでも虚しさはつきまとう気はしている。嫁や冗談のいえる友達、家族と生きていきたい。

幸運なことに飢餓に苦しんだことはない。それはそれで、人としての使命が何かあるように思う。なぜ生きているのかという疑問は少し、どう生きればに繋がっている。生々しい話は取っつきにくい、でも、そういうのも、当たり障りのないことも、どちらも同じとみてる。

 

人の生活に欠かせない、普遍的な共通性のあること、やはり衣食住の向上なのか。

人の叡智とは。よりよい暮らしを目指す、最低限の生活の保障、その保障は頭のいい欲に飲まれることもある、改善。

 

人生は「瞬間的な行動の連続」であるともいえるのなら、目的に対して瞬間への没頭が必要。反面、休息も必要。とかく、行動すれば変化はおとずれる。均等ゆえに、発言に誤解が生まれることもある。と肝に銘じつつ。頭をなぞって書いたゆえまたまた筆の乱れが。


今日はEAR でイベントやってます。

f:id:sasaworks1990:20180901073404j:plain


「君らそんなんで委員会」の方をお呼びしております。

舞音さんの歌を見て素敵と思い、声をかけさせていただいた。 

www.youtube.com

 

そして、そのあとは新宿。
誕生日を迎えられた超矢野さん、パーティ。
歌舞伎町。皿回し、午前0時超え、パーティは朗らかに。

f:id:sasaworks1990:20180901073352j:plain