独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

考えていることさえ、「何のために」

考えていることさえ、「何のために」

 

すべては幻想であり、忍ぶ仮の姿として、とりあえず置いてみる。

オカルト的なことではなく、シンプルに概念として。 
価値観はそれぞれの色付けであり、善も悪もなく、事象がある。事象さえも、目で見えているからあるといった状態で、ないのかもしれない。

「矛盾が少なく、辻褄が合うので、説明がうまくいく」をひとつ、法則と呼ぶ。同様の原因により、ほぼ同様の結果となる。
その法則を数多く知っていると、応用ができる。精神的な、といったところの生きにくさにも、その法則自体の成り立ち方、骨組みを捉えていれば、少しは役立つのではないか、その法則はいわゆる経験を積んでいると、無意識的にしろ、活用されている。

こう言われると、自分は「こう思う」や「こういうパターンを取る」、自然にうまくいっていたら、何の問題もないが、いつもうまくいかないのは、パターンを外しているからだと。

引き寄せの法則みたいな話。あれは、あながちその通りと思っていたり。

そんなパターンや法則、コツと過ごしていると、考えていることさえ、「何のために」というのが、頭をよぎる。上記は、虚無から生まれる感情ではなく、真っさらな疑問として。人間をいち生物として捉えると、「何のために」と考えること自体がナンセンスなのか。その先に。

と、戯言を抜かしつつ、最後は直観的に判断していたり。

流転、すべては運動であり、運動は矛盾を孕む。相対的な独立、普遍性といえど特殊性を含む。範囲としての常識、言語は常に落とし込んでいると言う意味で、客観。それを知ってどうする・・と思うのも、何かと勉強不足な気がする、知識や知恵もだし、たくさんの人に会って、その中で、感じることも大きいはずだなあと。

うまく言えないけど、全てがフラットな状態だ、そう抜かせるのも、ストレスのたまる環境にいないからなのか。何か、違う何かがやってくる時期なのか、転換。不明瞭。

毎日耕していけば、きっと何かある。と、直観が申している。

そもそも道は後ろにできているもの。

f:id:sasaworks1990:20180810002214j:plain