独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

僕は将来、ハゲてもいい

僕は将来、ハゲてもいい

 

池田の亮くんは、昔からの友達です。いつも、一歩先をいっているイメージです。
トリッキーな発想に腹が座っている行動力、尊敬する部分が多々あります。

(友達を褒めるのはこっぱずかしいですが・・)

 

今、自分らで増毛エクステなるものをされています。

「パイオニアやー!」みたいなこといっていた気がするので、造語なのかな。

エクステは、スタイルのチェンジや美しさをより求めるためのものという認識ですが、

増毛エクステはなにやら趣旨が少し違うそうな。技術的なことはあまりよくわかりませんが、笹谷の頭皮、彼に預けています!

 

なぜ、亮平のことを書いたかというと、日曜日のお昼、テレビに亮平が出たそうな。

 

f:id:sasaworks1990:20180718203640p:plain

 

なにやら芸人の稲田さんに増毛エクステを施していたようです。

亮平さんは、自分の店を10店舗ぐらい展開していて、破竹の勢いとやらです。
もちろん何事も簡単ではなく、考え動き、考え動き、した結果かと。

しかし、増毛エクステ、ニーズがありそうなもので、目の付け所がシャープです。

 

最近、地元の友達がご飯屋さん出したり、近い人のそういうの聞くと、ホンワカします。嬉しい。何より、その人にとっていい方向に、いい方向に。大切なものを大切にしてひたすら生きられれば何より。

f:id:sasaworks1990:20180718204422j:plain

 

(増毛の様子があったので、インスタからご拝借!)