独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

その男、東京につき

その男、東京につき 

 

経営する店舗は10以上、その男、東京に到着する。

そのやり手の男は都会のビルの高さに圧倒されず、街を調教するかのごとく、練り歩く。東京、その喧騒はあわよくば時を忘れさせ、人が生きる路線をも変更する。
しかし彼は、街並みを創った技術に関心を持ち、吹き抜けるピロティで涼める余裕を持つ。

性質を熟知した、規格的に計られた思想との距離にいい配分を与える。

要するに、できる男だ。

  

都会へ降り立ち、立ち並ぶビルを見つめる。夜行バスまでの時間だけが刻一刻と迫る。

 

また、ある男は会社の資本の計算に目を配らせ、飄々と実務をこなす。平均ですら他を圧倒する、近づきがたく、こそばくなる感覚を周囲に抱かせる。その佇まいはシンプルでありながら、非日常的な資質、つまり、カリスマ性を持ち合わせる。

 

彼ら、2人は今日、東京で会う。
会話の糸口を握り合い、気の張らない会話は互いの奥底を指し示す。互いが自己を開示せずとも深淵に触れ合い、血中濃度は上昇する。功徳に預かり数時間は経過する。

傍から見ると、どちらがどちらの意見か判断がつかなくなる。その中、夢うつつにアルコールは冷めた目を覚ます。古びた頑丈な鎖のような重々しさはなく、過去の経験に基づく言葉、また未来に対する思弁的な予測が交わされる。雌雄を決するなどとは、口が裂けても言えない。

孤立を生むほど自己と対峙したもののみが持つ、言い表せぬものの共有。

その瞬間に落ち合えた私は楽観的に先を見つめ帰宅する。濃密な時間こそ、瞬く間に過ぎる。

f:id:sasaworks1990:20180610233940p:plain

 

今日の一曲

 

「今日の一曲」、気分で選んでましたが・・せっかくなので、購入したレコードにまつわりつつ、ご紹介していこうかと!

※解説は、かなりざっくりです。文筆家にあるまじき行為のように思うけど、会話感覚ということで、ご愛嬌><

 

今日はThe Untouchablesさん、ロサンゼルスのバンドだそうで、ロサンゼルスのローカルのレゲエ・バンドがよく出演しているところに遊びにいって、自分等もやりたくなったそうな。LAモッズ(60年代のイギリスのモッズのLA版?)に受けて躍進、躍進だそうです。

f:id:sasaworks1990:20180610234224j:plain

 

f:id:sasaworks1990:20180610234234j:plain

 

曲によって「レゲエやん」「ロックやん」という印象です。ジャケットいかしてます。

踊れる、ロカビリーっぽく、ドラムの打ち方激しく、のやつご紹介!

www.youtube.com