独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

渋谷のお店にいきました。日に日に音楽が好きということが発覚していく。

渋谷へ 

 

週の頭から渋谷のオシャレな飲食店に行きました。それはそれはオシャレでした。2018年は外に出かける年と決めている。外をフラフラすると家にいるより、色んな人に会う。色んなところに行くと色んな空気感があり楽しい。

f:id:sasaworks1990:20180220222900j:plain

基本的に音楽がかかっているところにいっているだけです。着いたら、ハーパーやらジャックダニエルやらとりあえずウィスキーを呑む。胸が熱くなる反面、おじさんの道をしっかりと歩んでいると頭に刻む。お酒の味わい深さも知らぬウィスキーおじさん登場だ。オシャレな場所でライブを見た。瞬間の所作、空気の作り方、ユーモア、一芸極めりフリースタイル、エモーショナルな気持ちになるコード。


(そして、こぺさん、ラップうまっ!!こぺさんにはいい意味で狂気じみた面を感じるよ)

 

sasastagramさん(@sasastagram)がシェアした投稿 -

 

ウィスキーを呑みながら、タコライスを食べた。店員さんに話しかけるのが明らかに得意でないゆえに「すいません、水ください」と言えないまま、タコライスとウィスキーを共存させた。ピリ辛系のやつですごく美味しかった。

(ちょっと混ぜてしまったあとに写真を撮ってしまった!)

f:id:sasaworks1990:20180220222040j:plain


とても良いライブを見れた。陽気に体を揺らして帰ってきた。日に日に音楽が好きということが発覚していくので、「これさえあれば」状態になり気味。根源、糧、依存。プレイヤーでありながら、いついつまでも、リスナーでいたい。

プレイヤーとして、ジャンルを隔てるほどになればもっともっと楽しくなりそう。一生涯。少しの背伸び。前に進む、全然でけへんのに「できるよ」という向こう見ず感も時には。 

帰り際、店員さんに「ウィスキーキツくないですか?」と声を掛けられた。「逆にです」と意味不明な返しをしてしまい終電に乗り込んだ。ほのぼのとした1日でした。