独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

けんぞうさんとせんせいとパーティーに行きました。

パーティとカラオケ

 

今日は、日曜日。

アウリーモスキート、けんぞうさんと先生と四ツ谷アウトブレイクに行ってみました。鬼のようなパーティが巻き起こってました。贅沢ホリデイズはゴージャスと贅沢三昧でした。楽しかった。メンバーの2人は盛り場にいくと渋い顔しがちなので、とりあえず、ウィスキーロックで乾杯しました。やはり、顔は渋かった。そして、結果、私は酔いました。みんな、飲めるはずと言いつつ。 

f:id:sasaworks1990:20171106010401p:plain

パーティを楽しんで、ラーメンを食べました。家系でした。すごい美味しかった。色々真剣な話を交えつつ、冗談を推しはかりつつ、飲みました。気がつけばこんな時間でした。うぅ、楽しかった。イベントに行く前、コンビニでお酒を買ってその辺、うろうろする感じとか、、めっちゃ好きなんです。いつまでたっても、中学生と行動は変わらずに居れる安心感。友よ、ありがとう。

  

日曜日にも関わらず、今日もハイテンションで一日を終えました。電車では、一昨日買ったイギリスで腰を据えたbob marleyを捉えた音源を聴きました。素晴らしい。音楽と戯れた後、やはり、音楽に戯れようと情報を得てパーティに行きました。

 

それはそれは、色々と書いてました。真っ向から挑むことで知れることもあると思いました。でも、その裏には知らないこともたくさんあるはずでした。bob marleyはその辺りを全部、許容てくれてるよ後のような。ボッーと電車で戯言を洗い出しつつ、今日も我がメンバーに救われつつ。

 

とりあえず、、、なんか、先生のカラオケの熱唱が今日も素敵だった。全然、あれだけど、友達とか嫁とかやっぱり明日への活力になります。一生懸命生きようっと。