独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

尾崎友直さんに興味を持ったので、渋谷のbar EARに行って参った!!

渋谷へとレッツゴー

 

今日は、ベイビーガールのぶーしきさんと渋谷に繰り出しました。

とりあえず、肉横丁で肉をしばき倒しました。肉横丁とか肉好きにはたまりません。

タン塩合戦が繰り広げられ、最終的にはビビンバに落ち着くという「憎」めないコースで、いきました。

 

ぶーしきさんからファッションと時代背景についての話やら、興味深い話を、時に真剣に時に楽天的に話をしました。なかなかに有意義な時間です。みんなでワイワイガヤガヤももちろん楽しいですが、二人で話すというのはぶつかり合えます。

  

すったもんだ、破れかぶれもぶつかり稽古みたいなものです。

そトマトチューハイとカルピスチューハイで少し酔ってくると・・もうそこら中がダンスホールです。踊れそうな場所を探し求め、赤ら顔でさながらゾンビのように渋谷の街を練り歩きました。

 

円山町に向かいました。そう、今日は行ってみたい場所があったのでごわす。

なぜ行ってみたいと思ったかを話すと、最近、ある方に教えられた尾崎友直さんの楽曲にハマっております。声の哀愁具合とか、ゴリゴリ惹きつけられます。

 

その尾崎友直さんがやってらっしゃるBarが円山町にあるとの情報を、Twitterをディグって知りました。ぶーしきさんを引きつれてBar EARに行きました。そこは秘密基地のようなマンションの一室でした。コミュニティの温かさを感じられる場所でした。

f:id:sasaworks1990:20170812002613p:plain

 

いっぱいビールを引っ掛けてライブを見てきました。ライブもすごい。現代音楽を生でみているかのような・・。現代音楽の知識など一ミリもないです。ジョンケージぐらいしか知らない。。

むむむ、音楽は深い。深い。いやあー、楽しかった。また、飲みにいこう。

とりあえず、CDを2枚ゲットしてきました。やっぱり音楽、サイコー。

f:id:sasaworks1990:20170812002546p:plain