独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

夜の渋谷を練り歩いていると、次どこ行くか迷っている外国人に出会った。

夜の渋谷を練り歩く

 

最近、夜の渋谷を徘徊していた。

都会の喧騒とはまさにこのこと過ぎて、異常なスピード感においていかれそうになる。周囲の人々の行動に予測がつかない。。と、言いながら、お酒を飲んで少し酔っ払っていると、その予測のつかなさが超楽しい。

 

歩いているだけで、イベントが常に起こっている。まさに眠らない街でごわす(´Д` )

f:id:sasaworks1990:20170622225548p:plain

うろうろしていると、四人組ぐらいの外国人にあった。コンビニの前でお酒を買って、喋っていた。よくよく見ていると、次どこ行くか完全に迷ってはった。

 

でも、そんな空気を微塵も感じさせないところに、ポテンシャルの高さを感じた。

 

非常にテンションの高さをまとっていた。

そして、とうとうその時がきた。すれ違う瞬間だ。こちとら、ほろ酔いといえども生粋のジャパニーズ、身体も一回り小さい。勢いが全然違う。

 

なんか、よくわからないけど挨拶を交わした。

何を言ってか言われたか一切覚えていない。なんの言語だったかさえも記憶が曖昧。無敵感がすごかったのもあり、カメラを構えさせていただいた。

すると、快くポーズを撮ってくれた。瞬間でポーズを撮ってくれるポテンシャル。

信じられないほどの統率感。バッチリ決めてくれる感じがたまらない。次、どこ行くか迷っているとは思われへん。笑

f:id:sasaworks1990:20170622225242p:plain

 

渋谷の街は時におぞましいけど、面白い場所だ。

深い夜にお酒がお供し彩る。明るくなったことにきづかないままに飲む。それが礼儀な気もする。

ああ、平日の昼間からうだうだと飲みたい。(´Д`b

そんな日を夢見て、しゃかりき走る。