読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「知らへん、知らへん。また、変なこと言いよる」 茶碗物語

茶碗物語

 

携帯電話からでもブログ書けるんかいな。これは、文字と触れ合ってる気がせん。

 

せやかて、いつもパソコンでパチパチ打ってるだけやないの。文字なんて久しく書いてないんちゃうの。

 

文字を書くのと、パソコンで打つのはまた違うねや。紙に綴るとなんかしら宿る思うねん。

 

知らへん、知らへん。

また、変なこと言いよる。

 

やっぱり電子ブックは好かへん。画面をぴゅっとすんのはちゃいまんねや。

 

何がちゃいまんねや。

 

本は匂いがある思うねん。ページ、めくった時に自然と薫るやろ。哀愁ゆうんかいな。

さらにゆうたら、真っ白でのうて、少し黄ばんでんのもええねや。ノスタルジックや、ノスタルジック。

 

わけわからへんカタカナ使いなさんな。せやかて、あんたいつも内容覚えてへんがな。

 

あれはな、意味の解釈ちゃうねや。空気や。大きく吸い込んだったらええ。文字が駆け回ってんのを捕まえんねや。

 

あんた、虫捕りもようしやへんのに、どこ駆け回っとんや。酔うた勢いで似たような本こうてくんのはええけど、自分の部屋持っていきや。

 

わかってまんがな。積まれた本見るのも悪くないんや。求道者はああみえて形から入んねや。

 

もうこないな時間やないか。うちは忙しいんや。言いたいことゆうて有意義な時間でっしゃろ。

 

・・あんた、洗濯物たたむん手伝ってや。

 

わかってまんがな。せやかて、読みかけの本が山ほどあんねや。

f:id:sasaworks1990:20170512181308j:image