読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「なんでこんなところにヤギおんねん!」

意外なところでヤギに出会った

 

ヤギとヒツジは似ている。

代打で活躍するのは八木。父親に挑むのは刃牙。人を騙すのは詐欺。蚊に刺された時はウナコーワクール。

 

漢字で書いてみると、山羊と羊。ヒツジの「山」バージョンが、ヤギなのか。脳内には、アドレナリンが溢れる。気になる。

 

「ウシ科ヤギ亜科・・」というところまでは、ヤギもヒツジも同じらしい。ヤギのが獰猛でヒツジのが温和。ヤギの体毛は直毛でヒツジはカールしている。

 

なぜ、いきなりヤギとヒツジの話をしているかというと・・

IKEAに行くとヤギがいました。

f:id:sasaworks1990:20170506194355p:plain

 

つい最近IKEAをベタ褒めした記事を書きましたが、またIKEAをベタ褒めしなければなりません。

sasaworks1990.hatenablog.com

 

周囲の雑草を綺麗にするために、草をヤギに食べてもらっているようです。IKEAに来る人は彼らの話を一度はしなければなりません。IKEAの前にヤギがいて素通りする人は相当イカツイです(´Д` )

  

周囲にいた子供たちも「きゃっきゃっ」と喜んでいました。そんな子供たちを尻目に一眼レフを構え、シャッターチャンスを伺います。「どやさっ」とシャッターを切ります。

 

f:id:sasaworks1990:20170506194339p:plain

 

f:id:sasaworks1990:20170506194420p:plain

 

「メーーーー」というあの鳴き声を聞きたがったですが、今回は残念ながら発してくれませんでした。

 

ヤギは反芻動物といって胃が4つあるそうです。一度食べたものを再咀嚼するため、口に戻すらしいです。ちなみに、ヒツジやウシも反芻動物らしいです。なかなか興味深い性質です。

動物園にでも行かない限りいないヤギを見られて、何かラッキーな心持ちになりました。

 

横でぼけっとしていた嫁が突然、話しかけてきたので振り向きました。

 

「見てみてっ!ヤギのモノマネ♪」 

f:id:sasaworks1990:20170506194846p:plain

 

「似てるかの判断むずっ!!・・おむすび買ってくる!」

そう言って、IKEAを出発しましたとさ(´Д` )