読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「聴いたことないぐらいの大きな音だわ!!」 26歳のOLが見た夢とは。

26歳のOLの夢

 

ぼんやりと街灯が灯る金曜日の夜。仕事を終え、ツカツカと帰宅する。

明日はやっとの休みだと安堵を感じる。楽しそうにお酒を飲む人たちを、冷めた目で、でも、どこか羨ましく見つめる。

輪の中に入れた・入れていないを基準にしてしまう自分に自己嫌悪を感じる。

 

コンビニで買った、大好きなパンケーキとほろ酔いチューハイをいただく。「これが、1週間での至福の時だ」と思い込む。

 

顔を赤らめながら、彼氏の匂いが消えたソファーの上で眠る。玄関の靴は脱ぎっぱなしで、散らかったままに。

 

彼女は、夢を見た。

 

そこには深緑色の大きいスピーカーがある。バーテンダーがいる。

「なによ、この世界は・・・」そこにはたくさんの人がいた。楽しそうに話している人、ボケッと突っ立っている人、自分の世界に入り踊っている人、お酒を飲んでいる人。

 

普段とは全く違う世界だ。輪の中に入れる・入れないを気にしなくてもいいんだ。

彼女は夢の中の話だと気づいていたけど、解放されていた。

「人の目を気にしないことがこんなに楽しいなんて!」「孤独は活動を弱め、のどかだわ」「聴いたことないぐらいの大きな音だわ」口からは次々と言葉が出てくる。

 

「こっちでは、なにやら面白そうに歌っているわ!!どうして」

f:id:sasaworks1990:20170430163655p:plain

 

「ちょっと怖いけど、なんだか気分がいいわ。夢だもんね。自由に振舞っちゃうわ」彼女はバーテンダーに、普段は頼みもしないチャイナブルーを注文した。その澄み切った色にうっとりとした。

 

「レコードを回している人は、とても素敵だわ」、彼女は自分がだんだんと積極的になっていることに驚いた。

f:id:sasaworks1990:20170430163647p:plain

 

「ふわふわとしていて、素敵な世界だわ。ずっと、ここにいたいっ!!!」

・・・彼女の目が覚めた。それから普段の生活が始まり夢のことは忘れていた。

 

2ヶ月後の金曜日に同じ夢を見た。

何度みても楽しい夢で、そこには普段の上司や友達はいなかった。世界の広さを知ったようで少し誇らしくもあった。

 

仕事の朝には、口笛を吹きながらコンビニでカフェオレを買う。日常は相変わらずだ。定時に帰ろうとすると、上司に「もう帰るのか!」と言われた。彼女はすかさず「ちょうど、時間となりまして」と言葉を返した。