読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「徹底、冷酷、約束を奪い去る。詩は頬に伝わる」 今宵は誕生日だ。盛大に祝おう。

とにかく雑記

私は新宿にあるカールモールに友とともにむかった。

夜は対峙し静観した気配を催す。新宿駅に降り立ち歩みを止めずひたすらカールモールへ。

 

今にもフリードリヒ大王の指揮によるフルート演奏が聞こえてきそうだ。

中世の西洋を想起させるその地に、ギターを担いだ野良犬たちが集まる。心象が冷え切ったつんざめく雑音に乗り、問いかけを忘れてしまった心。そんなものに呼応する瞬間を一夜は提供する。

 

今宵は誕生日だ。盛大に祝おう。

清澄し洗い出されるように、普遍的なるタスクはスットボケ。

おっちょこちょいもリーダーも、今宵は誕生日だ。盛大に祝おう。 

f:id:sasaworks1990:20170221082812p:plain

 

血中へのアルコールが喜びを悲しみを増幅させ、また減少させる。

酔いは登ってきた階段を消失させる。響いているのか、呼応しているのか。判断の鈍さもひとつの指標だ。また、意思表示だ。

 

徹底、冷酷、約束を奪い去る。詩は頬に伝わる。

f:id:sasaworks1990:20170221083457p:plain

 

終結した年を木っ端微塵にするかのごとく、演奏は続く。

時間とともに経過する頑迷や構築をもあざ笑う。ひやりとしたその理由も気づかずに去ってしまうのだろうか。

視覚が奏でる階調も、繊細なピアノの音の前では無力だ。

魅力が言葉遊びだけでは、ギターをかき鳴らしたあいつが浮かばれない。

 

詩だ。詩をなぞろう。

 

さあ、今宵は誕生日だ。盛大に祝おう。

f:id:sasaworks1990:20170221083547p:plain