読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「抜いて!力を・・」 私のリラックス方法のご紹介 (ピーナッツ太郎の戯言あり)

ピーナッツ太郎の戯言

 

どうも、永遠のピーナッツおじさんです。

最近はもっぱらナッツにはまっています。家に送られてきた実家からのナッツ、ゲッツ。

  

アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ブラジルナッツ。

どれがどれとか全くわからんけど、これがうまいんだ(´Д` )。。

 

f:id:sasaworks1990:20161208215441p:plain

 

たまに丸くてとても大きいやつが入っている。

少しモチっとしていてナッツとは思えないんだ。

カステラ、バナナ、ナッツは自分の中でもかなり好きなものに入る。

ナッツは微妙に歯につまるから避けていましたが、久々に食べるとお口の中がデンデコ祭りです。

 

こうやって、考えてみると牛乳に合うものが好きなのかなと思います。

どれも牛乳のおつまみとして食べています。

 

f:id:sasaworks1990:20161208220731j:plain

 

ナッツって語呂がいい。

口に出してみよう。ナッツ、ナッツ、ナッツ、ささやくように「ナッツ・・」と言うと「(ん)ナッツ」となる。最初の「(ん)」のためで後の「ナ」の威力が凄まじいことになります。

打ち上がったどでかい花火みたいやねん(´Д` )

 

導入の部分で書こうと思っていたナッツですが、予想以上にナッツまみれになっています。

 

話を一転( ^ ^ )/トェールッルッ。

 

全ての力を抜いてリラックス

 

幸福とリラックスは凄まじい関わりがあるのではないだろうか。

何か作業をしている時などに「ワシ、緊張しているな」と感じたら、顔とか肩の力を全力で抜く。すると、口が開いてアホみたいな顔になる。人によっては、しまりがなく無気力状態な人に見られるかもしれない。

 

べらんめぇ。とてつもなくリラックス。穏やかな心を取り戻せる。

それは人といるとすぐに緊張してしまう自分なりの解決法だけど・・。

 

そこに調和のヒントも隠されている気がする。

リラックスはしないよりはした方が良いと思う( ^ ^ )

忙しき時に全ての力を抜く、すると、入り込んでいた何かから抜け出せて、俯瞰で物事を捉えられる。

 

名もなき何かがリセットされる。

感覚的に文章綴りすぎて八方塞がりです。

 

「全ての力を抜いて空間に身を任せて行う」・・なのに、すごい。

というのが、秀でた一流ではなかろうかと。

 

というわけで、 

ここから全ての力を抜き文章を打つ!!

口は開かれ、目は半目、眠気でトロントロンしてきた、、さあ、なに書くんだ。

何も考えずに無心で、綴れ、綴れ、あっ、ああああ、、、キーボードをぶったたけ!!

覚醒されない左心房、ソフマップに行ったと思ったら、祖父マックに行っていた!!(´Д` )それをやり過ごす気持ちはいつも胸の中。

そういえば、ムネカツ元気してるんかな?風のたよりはどこ吹く風。ひたむき、さすらう流浪の悦。悦と緩和が手を結んだ、その上に、ムネカツ元気してるんかな?

 

あっああああああ”ー。

ええっと、、力の抜きすぎも良くないですね。笑

 

とりあえず、

 

ゲッツ アンド ターン(*_*)

f:id:sasaworks1990:20161208215120j:plain