読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「魂の配達人」大貫永晴という男を知っているかい。

寒波が押し寄せる昨日の夜、とある男の新たな挑戦を目の当たりにした。

吹きずさむ風が彼の現状からの脱却を予感させる。

 

向かった先は板橋駅埼京線へ乗り込み寒さから逃れ私はホッとしていた。電車を待つ5分の間に自動販売機に向かい、迷わずコーンポタージュを購入した。

 

私が目的地に向かっている道中、彼はどんな心情だったのだろう。

緊張と緩和を繰り返し、ただ刹那をぶっちぎることを考え願っていたのだろうか。

  

私は最寄駅で電車から降り、目的地がある西口へと向かった。

「に、、西口がない!!」私は焦った。北口と南口しか見当たらない。

「西口から徒歩5分とグーグル先生も言っているではないか!!!」そう素っ頓狂に心で叫ぶ。

 

「なぜだ!!なぜなんだ!私が何をしたというのだ!!途中で買ったコーンポタージュがいけなかったのか。コーンポタージュが私をトリップさせたとでもいうのか!」よくわからぬ空想が頭を駆け巡る。

 

目的地の最寄駅は板橋。

柱にふと目をやると「十条」という文字がまっすぐに飛び込んできた。

 

「板橋に行きたいのに、なぜ十条なんだ!!!」

 

その声は通過した電車の警笛にかき消された。

 

大貫永晴という男

 

書いていてまどろっこしくなってきたので、ここからは普通に書きます(´Д` )!笑

降りるところを間違えたけど、無事に目的地の「板橋ファイト!」さんに到着しました。

 

ギターが飾られていたり、超おしゃれでいい雰囲気の場所だった!

 

f:id:sasaworks1990:20161130100452j:plain

 

この日は、普段から仲良くさせてもらっている大貫永晴(おおぬきながはる)氏のライブだった。

  

結構ライブを見させてもらったことがあるんだけど、今日は1ヶ月半で新曲を10曲作って、それを発表するタイプのワンマンLIVEだった。

 

瞬間で空気を作れる稀有なアーティスト。

いつも、聴衆を見事に巻き込み、泣くレベルの感動を与えてくれます。

 

ただ、この日はいつもと違っていた。

なんというか、大貫永晴というアーティストを自らで解体していた。

現状を打破するために下した決断、決意。

もしかしたら「新曲いっぱい歌ったんか。そうか。そうか」で終わる話かもしれない。でも、これはすごく大きな意味を持つ挑戦だなと感じた。

 

いつもは立った状態で歌い、熱い熱いLIVEで魂をデリバリーしてくれる。

そんな彼から発される「座ることも挑戦」「熱いという言葉に逃げない」というMCも印象深かった。

 

人間、慣れ親しんだものに甘えてしまう。

彼は「破壊と創造」の破壊を見事にやってのけていた。

 

そして、単純に新曲がすごく良かった。泣いている人もいた。

彼の熱量はすごいんだけど、その奥にあるのは「優しさ」だと思った。

とげとげしい熱ではなくて、包み込むような。それでいて男らしいというか。

 

f:id:sasaworks1990:20161130100359p:plain

 

 

これ以上は言葉にできない。

言葉から溢れたものを伝えるための歌唱。

それは言葉を使うこともあるけれど、その時の言葉は違う意味や力を持つ。

 

仲良くしている人が次の扉に手をかけている。

普通に嬉しい。ワクワクする。創くんも頑張ろう。

 

ありがとっぅ。トッゥー。

 

f:id:sasaworks1990:20161130094312j:plain