独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

『久宝寺緑地に最後の秋を見つけに』 さよなら、秋。

 

12月がコンコンと歩み寄ってきているということで、今年の秋を振り返ろうかと。

京都に行ったわけでもなし、サンマをたらふく食ったわけでもなし、浴びるほど読書をしたわけでもなし。

 

手からは秋がこぼれ落ち、めきめきと体に寒波が押し寄せております。

といえども、一瞬、大阪に帰り大蓮(地元)の聖地『久宝寺緑地』に行きました(´Д` )

 

久宝寺緑地に秋を見つけに

 

紅く色づく公園内では、5人ぐらいのおっちゃんたちが将棋盤を囲んでる。

その光景にほっこりとした。まいまい広場では一般的な元気さで子供たちが遊んでいる。滑り台のところでは「タケーーダー!」「タケーーダー!」と謎のタケダコールが起こっていた。

 

↓ タケダコールの現場

f:id:sasaworks1990:20161122194611p:plain

 

 

なんか、懐かしかった。

ココアをプレゼントしようと一瞬思ったけど、変なお兄さんになるからやめた。

八尾に住んでいる頃、おにぎりという名物のお兄さんがいた。「警察きた!」って言うと逃げるみたいなお兄さんだったと思う。おっさんだったかもしれない。記憶は定かではないが、帰り道に大概おにぎりはいた。でかかったし、正直こわかった。

おにぎりのことが頭に浮かび、ココアをあげるのをやめた。

 

ということで、久宝寺緑地で見つけた「秋」をご紹介します。

曇っていたから鬱々たる秋ですが(´Д` )つ

 

エントリーナンバー1 『秋?』

f:id:sasaworks1990:20161122194240p:plain

 

エントリーナンバー2 『秋!』

f:id:sasaworks1990:20161122194245p:plain

 

エントリーナンバー3 『秋!?』

f:id:sasaworks1990:20161122194238p:plain

 

 

 

秋というか、紅葉しているのかしていないのかわからない木や葉っぱです。

なんの木か全然わからへん。。知りたい気持ちはいっぱい!

真っ赤な葉もいいけど、黄色とか黄緑が混ざっている葉もいいよね。

紅とのアンサンブルが一つの空間を演出しているよね。

 

公園内では、そこら辺に葉っぱがボコスカボコスカ落ちていました。

「小さい秋、小さい秋、見〜つけた♪」と口ずさむこともなく、公園を後にしました。

 

木の生命力っていいよね。

もし、木がこの世になければ犯罪が増えそうな気がする。なんとなく。

 

目にも止まらないような雑文、語りかける話法ということさえ気づけない実のない言葉の羅列。四季と風習を活かしきれずに今なお珍道中でございやす。

 

四季を愛でた生活を希望したい所存です。

東京(埼玉)に帰ってきた今でも、子供たちのタケダコールが頭に響いています。