読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

「白いTシャツはなぜ着心地がいいのか」 考えてみた。

白Tシャツの爽快感

 

最近家の中ではもっぱら白のTシャツを着ている。

白のTシャツってすごく楽。

何も着飾っていない本当の自分・・というのは言い過ぎだけど、ヴァニラアイスがDIOに忠誠を誓っているぐらいには、白いTシャツに惚れています。

 

わくよね。愛着。同じような白のTシャツは6枚ぐらい持っています。

Vネックタイプと首が丸いタイプの2種類あります。

 

どっちかというと、首が丸いタイプの方が好きです。そっちのTシャツの方が数ミリ程度、分厚いからです。Vネックの方は夏用なのか、少し薄いのです。

 

「うわっ、今日はVネックタイプの白Tシャツか・・」これはもう落胆です。

「おっ、今日は丸首の白Tシャツやん!!」心の中でおっさんがどじょう踊りしています。

 

なぜか、白Tシャツを着ているだけで爽快感を得られます。

なんでだろう・・。歳、食ったからかな(笑) 

 

「白」というのがポイント

 

無地のTシャツなぜ心地いいのか、「白」というのがポイントな気がする。

デザインのない真っ赤なTシャツを毎日着ていると、性格変わりそう・・。

 

赤は注意を促したり、人の目を引いたり、強さや情熱を表すイメージがあります。

この赤を毎日着続ければ、情熱的な性格になっていったりするのか。3ヶ月ぐらい着続ければ変わるのか。

 

青のTシャツを着続けると悲観的に・・黒のTシャツを着続けるとタイトに・・黄色のTシャツを着続けると蜂に刺されやすく・・。白のTシャツにはどんな効果があるというのかい。

 

白Tシャツがなぜ着心地がいいのか考えた結果、「手軽に何の気負いもなく着れるから」という結論にいたりました。もちろん、素材うんぬんかんぬんはあると思いますが、「汚してもいい」「どうなっても替えがある」そんな安心感が白Tシャツの魅力なのかもしれません。

 

「迷惑をかけてもいい」とは・・とても安心感を与えてくれます。

 

ちなみに、アップルのスティーブ・ジョブスさんとかFacebookのザッガーバーグさんは、同じTシャツを20枚も持っているやら・・。その理由として服装を決めるエネルギーを使いたくないそうです。Tシャツ一つをとっても哲学があるって素敵。

 

白Tシャツ生活を始めたい人は、ユニクロに急ぎましょう。

すぐに白Tシャツ野郎・白Tシャツ淑女になれます。

 

誰にも言ったことも、言う機会もなかった白Tシャツ論。

ありがとうございました(´Д` ) 

 

顔を黒くしていると、小学生のときの道徳の教科書の表紙みたいになりました。

f:id:sasaworks1990:20161017234303j:plain