読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

『ただ1日の牡蠣奮闘記』 ウィルスを経て。

とにかく雑記

牡蠣奮闘記

 

ええ、当たりました。

それは確か8年前と記憶しております。その時、「牡蠣はもう絶対に食さない」と覚悟を決めました。しかし、気づけば牡蠣をバクバク食していました。特に当たることもなく、平穏無事な日々が流れていました。

つい先日も「口の中で神様が踊る」と思いながら、いつもどおり美味しく牡蠣さんをいただいていました。

 

ええ、当たりました。

ウィルスの潜伏期間でまだ身体に症状が出ていない時、何も知らずに唐揚げ弁当を食べました。この時、すでに嘔吐へのカウントダウンは始まっていました。未来では地獄の鐘が鳴っていましたが、私は何食わぬ顔で過ごしていました。

突如、身体に異変です。

「ああ、大変だ、大変だ」そう呟きながら雪隠に駆け込む私。

頭痛と吐き気・・最初、2日酔いかとも考えました。何度も雪隠へと駆け込む自分を見て「何かがおかしい」と感じ取りました。

 

ええ、当たりました。

出先だったため、帰りの電車は辛すぎました。

頭を上げることもできずに、ずっと下を向いて過ごしていました。

下を向いて屈むその姿はとても情けなかったように思いますが、気にする余裕さえありませんでした。

 

体力はどんどんと消耗され、途中の駅で何度も降りていました。

 

何とか家へ着いた私はすぐに布団を敷き眠りにつきます。

腹痛が襲い眠れないながらも横たわります。横たわるその姿は、さながら置物だったはずです。

 

あくる日、大分と症状は治まっていましたが念のために病院へと行きました。

診断の結果、やはり牡蠣が当たっていたようです。

 

点滴を受けるとさらに体力は回復してきました。ただ、1日の奮闘記です。

考えてみると奮闘ではないのかもしれません。抗う余裕もなく、ただ過ぎる時間に身を任していただけなのですから。

  

現在はすっかりと回復しています。

8年ぶりに牡蠣さんにやられました。それまでは美味しくいただいていたので1勝1敗といったところでしょうか。

 

ええ、ええ、当たりました。

これからも牡蠣さんとの戦いは続きそうです。

 

f:id:sasaworks1990:20170117175447j:plain

 | temaki | Flickr