独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

ふとした疑問

「離島に行く計画をひそやかに立てる!」 そして、ユビキタス社会の恩恵を受ける。

旅行の場所をぺちぺちと調べていると、逆に埼玉県に行くのもありじゃないかと思えてきた。

「性格は状態に関係し、状態は能力に関係する」 好調な状態の維持が結果をもたらす!?

同じ人間から発されてはいるけど、状態が違うなら違う人間が発しているという風にも言える。

「忙しさと暇の違い」「直感は裏付けられるのか・・」 最近思ったこと2本立て!!!

光を求め歩くような、闇を囲うような、新感覚で進む。

この世界は一体何で出来ている? 不思議で仕方がない。

自分の身体は60兆個の細胞で出来ているという。不思議で仕方がない。遺伝子って何?細胞って何?

「おどりゃクソ森が!!」 文章の読み方と集中力は関係している?

読み方で集中力は変わってくるのではないかという考察です。 集中というのは言い換えれば「自分の頭を使っている状態が続くこと」かと思います。逆から捉えればどう頭を使い、文章を読むかというわけです。

メロディが舞い降りてくるとは、そもそも何なのだろう。

J-POPの場合、これとこれとこれの音を組み合わせれば、ある程度のメロディができる!みたいな音を教えてもらったことがある。奇しくも何の音か忘れたけど、その3音を適当に並べて弾くとそれっぽくなった。

「なるべく本音で生きよう」 帰阪でより強く感じたこと

「You are my SOUL!SOUL!いつもすぐそばにある」と嵐が言っていたのが1999年。あれから18年・・。全然、すぐそばにない。

「ヒトは蛇のおかげで進化できた!?」 蛇に興味が湧いたよ。

人間の祖先、霊長類が蛇を主な捕食物にしている中で、蛇を見つける能力が上がり、脳も進化したのだとか。毒蛇がいない地域では霊長類の視覚が劣るらしい・・。

『ささじぃ、嫁からdisられる!?』 太陽と性格の関係とは・・。

現在進行形で嫁にdisられました。嫁「ボールペーンない〜?」私「あるよー、でもこれ青色しかでえへんで」嫁「えっ、このボールペンめっちゃ書きやすいやん」私「黒色でえへんけど・・」 嫁「あんたの性格の問題ちゃう」

ことを成し遂げたいなら「巻き込む力」をもっと意識するべき!?

話の内容で判断している人と、印象や仕草などその人が持つ雰囲気に合わせて判断する人がいる。それを混ぜ合わせて判断している人もいるけど。「雰囲気に合わせて判断」されるということは、裏を返せば自分を演出することで向こうの判断をコントロールできる。…

「白いTシャツはなぜ着心地がいいのか」 考えてみた。

同じような白のTシャツは6枚ぐらい持っています。Vネックタイプと首が丸いタイプの2種類あります。どっちかというと、首が丸いタイプの方が好きです。

「ビジネスとはなんぞや?」 とにかく、コンテンツをパッケージ化してみよう!

「その状況に自分のコンテンツが加わることによって、よりよく変わる!!」と言う。

『恐怖のデング熱、ジカ熱・・』 なぜ蚊に刺されやすい!?よく刺される人には、ある理由があった。

蚊にさされやすい理由とは、、。

「あれま、あれま、野菜農場でひょっとこが踊りだす♪」ノリで詩を作ってみよう。

谷川俊太郎さんは、詩は曖昧なもので意味はないと。 存在するだけで美しい、それを言葉で表すこと自体が難しいと言っていました。 詩を作るのって、もしかして、適当でもいいのではないか。 出典 YouTube これを鵜呑みにするなら、読むだけで「言葉に表せな…

熱烈中華食堂「日高屋」よ!その変わらない魅力はどこから?

窓を開け網戸にすると、「そいや、そいや!」と血気盛んな祭りの音が聞こえてまいります。 そう・・夏です! 夏といえば、日高屋の『黒酢しょうゆ冷やし麺』の季節です。 今日は、僕の食のレギュラーメンバー「日高屋」について話そうかと思います。 日高屋…