独りぼっちのささじぃ。

ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

随筆『人間であるとともに動物やからね』

けんしろうはおもむろに席を立つ。ポケットから小銭を出し「ほな、おおきに」と言う。彼との会話は多くはない。ただ、「投げるのではなく紡ぐ」真理を伝える人の言葉は重く丁寧だ。

「下手」は「上手」と同じくらい魅力がある!! いい「下手」は「らしさ」と言い換えられる。

色々と選んできて、それの全体の統一性だったり、バランスの妙だったり、足したり、引いたり、感性が物差しです。ビビッときた時にハマったらやはり嬉しいですね。

「目は口ほどに物を言う!!」 目とは考えてみれば不思議な存在だ。

「目」とは不思議な存在、前々から思っていたけど「目」は思考を物語ると思う。個人的には羽生くんの「目」が変な意味じゃなくて好きだ。

「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」先生のフリースタイルを見てみよう & お米、お米、お米、「ちぶかが豊作祭」開催!

先生は、小学生の時に「カービィ研究会」なるものを立ち上げ、中学生の時には放送委員でビートルズやクイーンを流していたそうな。

モンテスマ!!! 堀口晋作「山頭歌」 ミュージックビデオ撮影中

モンテスマ おはようございます。鍋の春菊は好きです。 曇り空の土曜日は、遠い国のオーボエのような音色に身を委ねています。ある日、埼玉県の川口駅前で民族系の外国人が商売っ気を感じさせながら演奏をしていました。聞こえてきた音色自体はオーセンティ…

抽象を追い続けるための哲学書たち。

哲学を俯瞰的に見ることから始めよう。なぜ、哲学かというと、哲学は「哲学をする」としか言いようのないように抽象度が高い気がするからだ。自分の作品に何がしかの影響を与えるように思われる。「哲学書を読んでいたら、浮かんでくるメロディがなお良質に…

子供向けアニメの主題歌の歌詞を見て哲学。

「なんでもかんでもみんな踊りを踊っているよ」なんという凄まじい詞だ。パーティーの幕開けです。

健三さんの名曲「指切りげんまん」 ミュージックビデオに"まおにゃん"が出演してくれます。

まおにゃんは前回のイベントでフランクフルトを焼いてくれたり、何かと良くしてくれています。(´Д` )つ ありがたすぎます。そして、明日は「指切りげんまん」の構成を練るのだ。なので、ぼちぼち寝るのだ。

東京に生きとし生けるものとして

「一つのやることに対してどれだけのスピード感でいくのか」最近、そんなことを考えている。スピード感があった方が確実に量をこなせる。つまり、その勢いのままに進める・・。

笹谷創、江戸川橋に降り立ちました。

血沸き肉踊る 詩の中 耳を塞ぐこの時代にも 今を歩ければ未来でさえ 街は静まり消える

「ちんすこうメルヘンカントリーフェスティバル」に行ってきたよ。

土曜日は「ちんすこうメルヘンカントリーフェスティバル」にほりぐっちゃんと行ってきた。我が「ちぶかが」のシンガーソングライター健三兄やんも駆けつけた。

「僕らはみんな生きている。生きているから歌うんだ」 もはや日記です。

「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」10月7日に再びホームパーティー型イベントやります。奮ってご参加くだされ(´Д` )つ

「揺らぎ」 情感を慈む。

明日になれば、明日の朝が来る。繰り返しの似たような日常に見つける興奮と戸惑い。過去を振り返りたくなる心情と未来を躍動するための挙措を大切に。

ピーマンにアスパラ、エリンギ・・素材をそのまま食べるほど美味しいことはなかった。

「素材、素材」と声高らかに主張しておりますが、間違いなく塩には頼ります。塩は美味い。まだ素材素人の私は、苦味や土臭さを存分に楽しめていないようですが、食へのこだわりは発芽したので良しです。

ハネムーン後半戦!! 竹富島に行って来たよ。

植物が生い茂り、海岸で星の砂を探す旅行者は初々しい。家そのものが文化財と化している。あいにくの天候、ざざっとスコールが降っては晴れ間が覗き込んできて、バスガイドのおじさんは豆知識を教えてくれる。

ハネムーン!!!蜜月旅行! 石垣島に降り立った。(1日目)

ライブの最後には、「かき混ぜる」を意味する踊りカチャーシーが繰り広げられました。旅行で来たであろう、クリエイターっぽい外国の方も踊っていた。とりあえず、猫も杓子も踊りゃな損々という具合に踊ってきました。

「独りぼっちのささじぃ。」 生誕して1年が経過しました。

気がつけば230記事、書いていました。数などはまさに関係ないのですが、プロになるには10,000時間は費やせ的な格言に近づけているのかなと。最初の記事を読み返してみると、なんと初々しい。

随筆『街への問い合わせ』

そうして、街は少しづつ形らしくなっていく。朝、子供たちは韋駄天のように走り回る。踏みならされた地は何処へと継承する。プラットホームの人だかり、警笛を鳴らし過ぎさる急行列車。

知ることが遊びになれば、そりゃあやっぱ楽しい。好きなことを追い続ける。

100 に目が向く、それは100 の視野を広げられる可能性を持つ。50にしか目がいかないなら、50 の視野しか広がらない。深いところに目を向けるには柔軟性がいる。自らの考えに固執してては細かさに目が向かないように思う。レノア。

女性がタバコを吸っている姿はカッコイイ!!!

ひとつ気付いたのですが、タバコを吸っている時の女性ってカッコイイ!!正確に言うと、かっこいい女性がタバコ吸ってんのがカッコイイって感じです。「そりゃあそやろ」!!

尾崎友直さんに興味を持ったので、渋谷のbar EARに行って参った!!

いっぱいビールを引っ掛けてライブを見てきました。ライブもすごい。現代音楽を生でみているかのような・・。現代音楽の知識など一ミリもないです。ジョンケージぐらいしか知らない。。

思想は何処にある?

それはいくつになっても。言葉へとダイブする感覚は守りたい。それが本質であり、すべての根幹を成している気もする。

ケンシロウさんを乳房に巻き込みました。

ケンシロウさんは、ハートが暖かい。人の気持ちを汲める。もう、それは、巻き込む理由になります。なにより、カメラ向けたらダンディな顔してくれる。

「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」 無事に初イベントを終えました!

色々と心配は尽きずにイベント突入しましたが、すごくワイワイした雰囲気で、アットホームな雰囲気でできました。

ちぶかがフェス前日のぬるま湯のようなゆるブログ。

ぴーちくぱーちくありますが、まったりとアットホームにいい時間をみんなで過ごせればなぁといった風です。

「色彩はいつも夜明け前」 言葉の絡繰りにて

蛹のように硬くなり、一晩を過ごす。血の塊は疲弊を跨ぎ、涙腺は決壊する。圧迫された心象はもはや防ぎようがない。一矢報いるために、遠くからやってくる怪物は引きちぎった。

意識しながら生きることに慣れっこになってしまった。

「人から見る自分」と「自分が思う自分」ってかけ離れているよね。勝手に頭にうごめくけど、何事(´Д` )・・秘め事。

「素晴らしい乳房だ。蚊がいる。」 笹谷創・堀口晋作、ミュージックビデオ公開です。

自分で編集とかして、はじめてミュージックビデオなるものを作りましたが、まあまあまあと上出来!(^^)タイトルは「既望」。

「ほりぐっちゃん、新しい踊りを見い出す」 結果、だんじりの起源の興味を持つことになった。

ほりぐっちゃんは龍ではなく2体(?)の仏が近づいたり離れたりするのをイメージし創作舞を放っていました。

私的3曲ご紹介。眠る前に聴く音楽を探してみようの巻

いい睡眠はいい1日を過ごすために必要不可欠。気持ち良く眠って、気持ちのいい1日を迎えましょう!!(←誰!)